「ほっ」と。キャンペーン

いつまでもここで遊びたいです(富津)

最近、「釣りの日記って、行く場所が同じだと写真も同じ、内容も大差なしで、読み返すとみんな同じにみえるな~」と思い、「なんか良い手はないか?」 と悩んでいる田吾作でございます。

ちなみに、今回は2日連続釣行。

初日は田吾作の他に、めだかさん、もっちさん、pescadorさん、くららさん、午後からYATAさんの計6艇。

結構大所帯っす。

今回のエリアは前回に田吾作が抜け駆け・・・じゃなかった一人調査にいったエリア。

カヤックはボートほど機動力があるわけではないですが、そこはみんなで分散してその日のパターンを見つけるチーム力でカバーっす。

当日朝から出艇するというめだかさんに合わせ、田吾作も4時起床。

でもね、風の現況をみると8mの北風が吹いてる。

「ちょっと強いんで、様子みてから出撃します」とメールをし、テレビで釣りビジョンみながら妄想に浸っていると「風弱いですよ!」ってめだかさんからメールが!

そんなわけで、急いで用意をして外に出ると、さ・さ・さ・さぶぅ~~。

車で気温を確認すると・・・・

b0173629_933782.jpg




こんな寒い日にカヤックで海出るなんて、ドM以外の何者でもないでしょ(笑)

でも、朝これだけ寒いってことは当然快晴。

運転してても気持ちいいっす!

b0173629_9332446.jpg


で、到着すると最高の眺め。

b0173629_9333369.jpg


絶景なり~~~

しかし、すでに釣りしているはずのめだかさん、もっちさん、pescadorさんが何故か陸に・・・・・

話を聞くと、『ウンともスンとも』らしい。

確かに一昨日に一人で行ったときは魚がいるエリアといないエリアがあったんで、一昨日の状況を伝え、田吾作も一路沖へ。

すると、やっぱりいました。

b0173629_9341891.jpg


朝一からブリブリっす!

こりゃ、今日は良いかもって思った直後、ナイスフィッシュ2発ど~ん!

b0173629_9342998.jpg


しかも、目の前でもんどりうってルアー食ったのが見えたんで、あまりの迫力にちょっとビビリましたwww

一昨日は一人だったんで、ランカーとったのに念願のカヤック上での物持ち写真が撮れなかった田吾作。

でも、今回はめだかさんが近くに浮いてたんで撮ってもらえました!

めだかさん、あんがとさんです!

b0173629_9343864.jpg


獲ったど~~!

b0173629_934492.jpg


う~ん、最高!

ちなみに、ここの魚はみんなブリブリ。

めっちゃ引きます。

その後も、ずっと高活性。

b0173629_935197.jpg


どんだけ食いしん坊なんですかwww

b0173629_9351095.jpg


みんなブリブリ!

しかも60アップ、ていうかほとんど70アップ。

数も相当取りました。

しかし、こんな素晴らしい日なのに、午後来るといったYATAさんが来ない・・・。

電話をしてみると、なんと「今起きた」って・・・

お仕事忙しいからお疲れでしょう。

でもね、今日は超もったいないですから(笑)

そして、こんな素晴らしい日にも関わらず、残念ながら田吾作は初日は所用があって夕まづめの美味しい時間はちょっとしか撃てず、涙の帰宅。

その後にもっちさん85cmキャッチしたそうです。

2週連続のランカーゲット、流石でございますm(_ _)m

そんな天気、釣果ともに最高の初日が終了。

今日の富士山は、いつにもまして朝も夕方もとても綺麗でやんした。

b0173629_9352063.jpg


ほんでもって2日目。

今日は単独釣行。

昨日好調だったんで、今日もと期待が高まりますが本日は残念ながら曇り。

b0173629_935345.jpg


朝は多少お日様が顔をのぞかせたんですが、その後はどんより。

冬の海の曇り空って、なんでこんなに物悲しい雰囲気を漂わすんでしょう。

お陰で田吾作の心もどんより。

昨日とのギャップが大きすぎて気合いが入らないので、午前中はゆったりと潮目に沿って艇を流してダラダラやっていくと・・・

b0173629_9354283.jpg


こんなどんよりした曇り空でもお魚さんは元気なんですね。

一匹目の魚は、またしてもバチたくさん食っとりました。

b0173629_9355175.jpg


ちなみに、今日は頑張って釣った魚の数を数えて見ることに。

b0173629_935593.jpg

b0173629_936735.jpg
b0173629_9361539.jpg


そんなこんなで午前中はポツポツ。

でもね、午後になったら日差しが復活!!

b0173629_9362228.jpg


こうなると田吾作のエンジンもようやく始動ですよ。

漕ぐ気力も出てきたんで、潮目狙いから本来のスタイルでもあるランガンに変更。

ちなみに、ウェーディングの頃から田吾作のスタイルは粘って釣るより、ランガンで活性の高い魚を拾っていく釣り。

いわゆる頭より体力勝負って奴ですな(笑)

だから、全体的に活性の低い日は、あの手この手を使うスキルが無いので当然撃沈でございますwwww

ちなみに本日は、魚が着いてる所にはまとまって着いていて、且つ高活性だった事が多かったんでバタバタと釣れ始める訳です。

b0173629_9363170.jpg


b0173629_9363936.jpg


で、釣れなくなったらこの場所を覚えておき、別の場所に移動。

いくつかまわって、最終的には魚が付いていた場所だけをランガン。

全体的に反応が薄くなったらエリアを変え、新しいエリアで同じことをやっていく。

こんなことを繰り返していると、一箇所でまとめて釣れる事が多くなるので、一生懸命数を数えてたんですけど段々怪しくなってくるwwww

多分ですね、25本位、少なくても22~3本は獲ったかと思うんです。

サイズは見事なまでに全て60アップ。

しかもブリブリの60後半以上がメイン。

70アップは7~8本位だと思います。

どれもめっちゃ引きます。

ただ、今日はランカーでませんでした。

でも、木曜と今回の2連続釣行の3日でランカー3本。

上出来です!

しかし、陸っぱりの頃も10月とか11月であれば同様の釣果を何度か出したことが何度かありますが、12月はどちらかというと沈黙。

この時期ウェーディングでは、数よりは型。

こんな釣れ方をした記憶がないっす。

それなのに、この時期に毎回こんだけ釣れるカヤック。

恐るべしというより、反則です・・・・。

ちなみに、このポイントって有名どころのシーバスボートが勢ぞろいっていう位集まってたんで、超メジャーポイントだと思うんです。

でも、まだカヤックで入ってる人はそんなにいなそう。

これからさらにカヤックフィッシングがブームになると、この海にもどんどんカヤッカーが増えると思うんです。

そうなると気になる事が一つ。

それは漁師さんとの関係です。

ここは東京湾でも屈指の海苔の養殖場になってます。

なんで、漁師さんの船が頻繁に行き来するし、海苔棚の中では漁師さんが当然のごとく作業をしています。

特にこの時期は朝6時30分頃(夏はもっと早い時間でしょうね)に漁港から一斉にものすごい数の漁師さんの船が出艇するんで、その前に船を出すのは危険なんでやめた方がいいです。

漁師さん達は生活の為に、ここにいるわけです。

僕らは申し訳ないかな遊びっす。

ちなみに、現在漁師さんとの関係は悪くはないと思います。

ここ3回の釣行では、カヤックが珍しいのか声をかけてくる漁師さんもいます。

中には、引っかかっているルアーを外すのに、ペンチ貸してくれっていう人もいました。

ちなみに、その漁師さんはペンチのお礼と言って外したルアーを田吾作にくれました。

あんまりタイトにストラクチャーを狙うとルアーを引っかけてしまう事もあるんで、余裕をもってやった方がいいっす。

実際に田吾作もファイト中の魚に下に走られて、魚ごとロープに引っかけてしまいました。

魚も可哀想ですが、この引っかかったルアーのフックで作業中の漁師さんが怪我をしてしまうかもしれません。

かな~り反省してます orz

これからこのポイントに行く皆さんも、潮の流れ、風向、風の強さ、ロープの位置、深さ(魚探があれば確認できます)を把握して安全に釣りしてください。

ちなみに、カヤックは漕いでないと当然流されます。

艇の位置は、流された時に海苔棚から離れていく位置、または平行に流れていく位置に着けないと、ファイト中に海苔棚の中に流されてしまう可能性があります。

要注意っす!

田吾作の場合、海苔棚の側で魚をかけた場合、かけた直後は走らずに体を振ってルアーを外そうとする魚が殆どなんで、その間に一気に巻いて艇の側まで寄せてしまいます。

当然ドラグはフルロックです。

で、寄せた時は体力有り余ってるんで、魚のサイズ、フックの係り具合を確認してドラグを調整して魚の反撃に備えます。

後は、安全なところのでゆっくり捕ります。

ボートと違い同乗者がいるわけではないんで、のんびり捕ればいいと思います。

底の方までロープがあるんで、あんまり下に走られると、水底のロープに引っかかる可能性もありますけど・・・

本当はトモさんがチラっと言ってましたけど、漁協に御中元とか御歳暮をみんなで出し合って「カヤックフィッシング同志一同」みたいな感じで、何か送ったりできる関係になれたらいいんですけどね。

僕ら船代かかってないわけですからね。

ここの反対側の海苔棚は釣り禁止。

ここはそうならないようにしたいですね。

田吾作、いつまでもここで遊びたいっす!

by banzy1998 | 2008-12-10 09:26 | カヤックフィッシング  

<< 南南東へ進路をとれ!(富津) リベンジ(富津) >>