て・て・て・手ごわい・・・・(三番瀬)

本日の天気予報を確認すると、午後から雨。

ここのところ夕まづめに好調だった富津ですが、雨の釣りは気分がのらないわけです。

そんなわけで田吾作、本日は午前中しか天気がもたないだろうということで、近場の三番瀬に出撃してまいりました。

前日、unokenさんから「もしかしたら三番瀬行けるかも!」と日記にコメントを頂いたので、朝一から出艇するであろうunokenさんに合わせるためにタイマーを5時にセット。

でもね、起きたらすでに6時・・・・・

結局ちょっと遅めの8時にスタートっす。

b0173629_22173470.jpg





天気はあいにく曇り空。

ここんところ、晴れた富津で素晴らしい景色を見ながら釣りをしてたんで、どうもエンジンがかからんです・・・。

ちなみに魚は航路等の深場より、手前のシャローについているという情報を事前に受けていたので、水深1m位のところから撃ち始めると・・・・

b0173629_22174312.jpg


いきなりセイゴさん。

まぁ、予想はしてましたがチンマイのが多そう。

今度は別の場所で流しなおすと、またまた1投目で・・・・

b0173629_2217515.jpg


またまたセイゴさん。

その後も場所を変えても・・・・

b0173629_22175959.jpg


こんなフッコさんも混じって、あっという間に5本。

写真の魚探にあるように、水深1m~1.2m位のフラットで何の地形変化もないところで反応がありました。

ちなみに三番瀬ってこういう場所多いんですよね。

航路や島なんかもあるんですが、今日は特定の場所についてるというよりは、いろんな所に沢山ちらばってるような感じ。

正直、こういう展開って田吾作は苦手なんです。

航路のブレイク際とか島周りなんかの地形変化、潮目なんかの流れの変化、ベイトなんかに魚がついていてくれると狙いどころが絞りやすいんだけど、こんなふうに何処にでもという展開だと、引き出しの少ない田吾作は、逆に魚を見失った時に「THE END」って展開に陥りやすいんですよね。

それに、何といっても「狙って釣った」というより、「釣れちゃった」って感じで達成感がない。

案の定、最初は「秋と同様にチンマイのが中心で20~30本位釣れちゃうんだろうな~」とか軽く考えてたんですが、潮止りが近づくにつれパッタリ。

上げになって潮が効き始めればと思って粘ったんですけど・・・

b0173629_2218786.jpg


反応なく、朝に良い思いをしたunokenさんは撤収。

お疲れ様でしたm(_ _)m

また是非ご一緒してください!!

その後はっていうと、上げの潮が効き始めたあたりでショートバイト3回、チェイス2回ありましたが食わすことができず。

恐らく、朝と同じく魚はいたんですけど、下げに比べ上げは活性が低かったみたいっす。
(他の人はガンガン釣ってたかもしれないですけど・・・・)

こりゃ夕方の下げで活性があがるまでは厳しいかなぁ~なて思ってたら・・・・

b0173629_22181428.jpg


結構量な量の雨が降ってきたので、不完全燃焼で本日は終了と相成りました。

毎度、三番瀬にやられっぱなしの田吾作。

ここ手強いっす・・・・。

でもね、本日は大型のキャッチはならなかったのですが、大きな収穫が!

田吾作、ようやく「TEAM NW」のホエールさんと現場で遭遇できました。

田吾作は、カヤックフィッシングの開拓者はナカムラ軍曹だと言われてますが、カヤックフィッシングを世間に広めたのは、ホエールさんのホームページ「TEAM NW」だと思ってます。

今カヤックフィッシングをしている人も、「TEAM NW」のホームページがきっかけっていう人が結構いると思います。

田吾作もまだカヤックに乗る前に、「TEAM NW」のホームページを見て期待に胸を膨らませてたもんです。

カヤックフィッシングに興味のある方は是非ご覧あれ。

きっと始めたくなりますよ!

TEAM NW のトップページ
http://www.geocities.jp/wolf_poets_society/

TEAM NWのカヤックフィッシングに関するページ
http://www.geocities.jp/wolf_poets_society/menu/seakyakmenu

by banzy1998 | 2009-03-08 22:13 | カヤックフィッシング  

<< 2009 オカッパリスズキ (... オカッパリスズキ 2009 (... >>