キテマス、カヤックフィッシング!!(富津)

何時でも何処でも寝ようと思えば、のび太くん並に、すぐ寝れる田吾作でございます。

今週末は大会のためにチームリトルオーシャンの艇庫に4時集合ということで、前日の土曜日は19時30分に就寝。

2時起床でしたが、タップリ眠れて体調バッチリでした。

昨年カヤックフィッシングを始めた田吾作。

しかし、昨年の大会は強風により中止だったので、今年が初参加です。

で、びっくりしたのが参加者数!

なんとビックリ、約80艇!!

試乗艇もあわせると100艇近い艇が富津岬にズラリと並びます。

b0173629_2312517.jpg




しかも、某国営テレビ局の取材が入ってる(笑)

いやはや、大会というよりは祭典と言って良いくらいです。

カヤックフィッシング確実にキテマス!

b0173629_23131750.jpg


で、ルールはと言うと「一番おっきな魚を釣った人が勝ち!」と非常に単純明快。

でもですね、先々週来た時は、朝3時間程やってフッコ3つがやっと。

正直なところ、鱸クラスの魚が全く見えてません・・・・

ちなみに、この富津岬ですが、皆さんご存知のとおりアマモが非常に多い。

通常は「アマモ場=スペシャルポイント」なわけです。

でもですね、Team Banzy!!的には、このアマモが非常に多いというのが曲者で、何も無いところにアマモが点在している盤州のような場所であれば、「アマモ場=スペシャルポイント」になるんですが、これだけ密生していると、「アマモ場=ただの場所」になってしまうと考えていました。

そんなわけで、「スペシャルポイント=ベイトがタンマリいるアマモ場」という事で、とりあえずベイトを探していくことに。

そして、ついにベイトがタンマリといるアマモ場を発見!

予想通り反応はマズマズなのですが・・・・

b0173629_23133784.jpg


b0173629_23135456.jpg


バラシた魚を含め、釣れども釣れども竹を割ったように同じサイズの魚ばかり・・・・

そして、4本目を獲ったあたりで、大きな魚が獲れない田吾作に迷いが生じます。

ここで釣っていれば、数を重ねる事はできるかもしれない・・・・

しかし、今日は一番大きな魚を釣った人が勝ち!


ひょっとして、この場所にはフッコクラスしかいないのではないかと・・・・・・
(そんなわけ無いのに~~~、バカァ~~~!!)

相方のbanzyと大会前に「シャローで魚を見つけられずに、良かった時の記憶に縛られて沖に行くようだったら今日は駄目だな」と話をしていた事など、この時点で完全に頭から消えていました。

そして田吾作とbanzyは、「大会という名の魔物」に吸い寄せられ、何の当ても無く沖へ・・・・・

結果、玉砕 orz.....

banzyと共に50cm弱の魚をウェイインして終了と相成りました。

ちなみに、ウェインできた方は少なかったようですが、今日は魚の活性は低くは無かったと思います。

先々週は確実に活性が低かったですが、今回は先々週と違い、魚はかなり積極的にルアーにアタックしてきてました。

ただ、何処にでも魚がいるというわけでは無く、魚は薄かったようです。

でも、あと2週間くらい後だと状況は違うと思いますけど、10月頭くらいの富津って、こんな感じが普通ですよね? 多分・・・・・

そんなわけで、鱸が付いているベイトの群れを見つけられた人は1本ではなく、何本かキャッチしていたと思います。

そして、今年はというと・・・・

b0173629_15401960.jpg

チャンプの後輩さんが、後輩ではなくチャンプになっちゃいました(笑)

おめでとうございますm(_ _)m

沖ですれ違った時は悲壮感漂ってましたが、帰り際にあった時は勝者のオーラを身にまとってました(笑)

木曜会強いです。

釣りの上手い人は沢山いると思います。

ただ、大会に勝つためには上手いだけではなく、メンタル面やスタイルや戦略といった強さがないと勝てないんでしょうね。

バストーナメンターの今江さんなんかは、この強さというものを持っている典型的な例だと思います。

そんなわけで、Team Banzy!!単独では勝てる見込みが無いんで、来年はTLOの皆さんや、疑似餌釣遊倶楽部の皆さんと共同でプラして木曜会包囲網を組んだろうかと思ってます(笑)

それにしても、これだけの人数が集まった大会を運営するのは大変だったと思います。

運営者の爆釣チャンネルさん。

b0173629_231430100.jpg


いつもお会いするホエールさんチャン松さんの他に、今回は社長さんが来ていたようです。

ご苦労さまでした。

そして、協賛各社の皆さん。

b0173629_23324038.jpg


大会を盛り上げて頂き、ありがとうございました。

めっちゃ楽しめました!

ちなみに協賛していたメーカーのスミスさんは、ルアーの提供だけでなくビーチクリーン用のビニール袋を提供していました。

b0173629_2315755.jpg


b0173629_23152717.jpg


H氏、めっちゃGood Jobです!!

b0173629_23154370.jpg


そんなこんなの大会。

皆さまのお陰で、大変満喫できました!

ありがとうございましたm(_ _)m


で、午後の部。

本当は、お土産確保の為にイイダコ釣りに専念しようと思っていたのですが、取材に来ていたテレビ局の方が・・・

「イベントの撮影やインタビューはできたんですが、魚を釣っているシーンが撮れてないんです。 午後釣りに出るようであれば、撮影させてもらえませんかね?」

と、無理難題をおっしゃるじゃないですか・・・

本来であれば、大会が終わった段階で帰路につけるはずだった彼等。

しかし、番組に必要なシーンが撮れていない為に、残業になってしまったわけです。

そんなわけで、一人では自信がないので、もっちさんとbanzyを道連れにして午後も鱸釣りです(笑)

で、初めてカメラの前で釣りをしましたが、もの凄いプレッシャー。

だって、「さっさと釣ってるシーンを撮って早く帰りたい!!」オーラが背後からヒシヒシと感じられるんですもの(笑)

プロアングラーの方々は毎回こんな状況で釣りをしているんですね。

感心しますm(_ _)m

そんなわけで、確実に魚が取れる午前中に調子が良かったポイントへ移動して、比較的早い段階でキャッチ!

b0173629_2316498.jpg


ちっちゃいですが、ファイトシーンを提供して、田吾作は任務完了!

後は、鳥山に向かうもっちさんやbanzyに取材班を仕向けて、ようやく解放です(笑)

b0173629_23161967.jpg


その後、自由な時間を取り戻した田吾作は、ワカシや鱸を4、5本釣って・・・

b0173629_23163645.jpg


b0173629_23165355.jpg

(もっちさん、お写真お借りします!)

夕方までしっかりやりきって満喫しちゃいました。

b0173629_2317788.jpg


そんな、こんなこんなのカヤックフィッシング大会。

結果はイマイチでしたが、めっちゃ楽しめました。

来週は、疑似餌釣遊倶楽部のトモさんと初めてのHに浮く予定です。

楽しみだぁ~~!!

by banzy1998 | 2009-10-06 15:41 | カヤックフィッシング  

<< 筆下ろし(H-POINT、盤州) バッドリズム ~banzyカヤ... >>