「ほっ」と。キャンペーン

ランカーラッシュ(涙) ~banzyカヤックシーバス~

b0173629_15592478.jpg

本日はbanzyにとって新場所となるエリア。富津は富津なんですが、岬ではありません。

とはいえ既に、ごく一部のカヤックアングラーがポイントを開拓し、大切にされているポイントです。お話によると、相当なポテンシャルを秘めたエリアらしく…期待は膨らみます!!




<11/9 7:00 富津エリア>

吉と出るか凶と出るか…どちらに転ぶか分からない状況。こんな時は道連れが必要!!頑張ろうゼ!!ステラくん!!!
b0173629_16293723.jpg


本日はカヤックを1日やりきる予定だったので深夜のオカッパリは様子見程度(当然釣れません…)。車中でしっかり睡眠を取り準備は万全!!
気になる海況は久々の無風ベタナギ!!釣りには最高のコンディション。魚には果たして・・・

それでは出発!!

100m程出たところで魚探に激しいベイト反応!!水深2~3mエリア。目視出来る程の大量イワシです!!!
b0173629_166063.jpg


気付けばカヤックの周りはイワシの草原状態!「しまった!!囲まれた!!」状態です。

しかし・・・

現場はまるで、そよ風に吹かれユラユラと漂う草原のよう。激しい嵐は吹く様子はありません。。
しばらくの間、この場で状況変化を期待しておりましたが結局何もおこらず・・・まんまとイワシトラップにハマッてしまったようです(涙)

慌てた我々が次に選んだポイントは障害物帯。水通しが良く、教科書通りの好ポイント!!ベイト反応も良好!!「もらったぁ~!!」釣りをする前から勝利を確信します。

とまぁ、この類の前ふりってコトは・・・当然失敗に終わるワケですね。。完全に見失いました。。

b:「ステくん、どうだい??」
ス:「いや、ベイト多いし景色も最高!!ココ、楽しいッスよぉ~・・・・」
b0173629_16775.jpg

引きつった笑顔で精一杯気を使ってくれるステラくん。。そうだね。そろそろ木更津あたりに移動しよう・・・(とはいえサスガはステラくん!!数回反応アリとのコトでした。)

障害物帯を見切り、沖の深場もチェック。
b0173629_1692534.jpg


出艇場所の隣町あたりのディープ6mラインに、先程とは違うベイト反応が出ます。しかも夥しい量!!もしかしたら、オカッパリでこれから旬のベイトか??
b0173629_1685358.jpg


ならばランカーパターンに違いない!!ルアーのサイズを落とし、オカッパリと同じ攻め方で試してみると・・・「Gong!!」

ようやくヒット!!しかし、やたら重たいダケで全然走りません。。時折首を振る感じが竿に伝わってきます。何となく大きいスズキの予感…
結局無抵抗で水面に現れた魚はかなり大きそうに見えましたが、その瞬間竿からテンションが抜け、バラしてしまいした。

その後、同じようなサイズを2本バラシ・・・いずれも艇の側まで無抵抗。そして走る前にフックアウト。。かなりの大きさに見えましたが、釣り上げていないので「多分」のお話です…

多少落胆。でも少し兆しが見えてきたぞ!!と、ここで突然電話が。
「もしもし?今banzyさん浮いてます??沖にいるの、ボクです!!」

なんとこのエリアのスペシャリスト、bluegrassさん!!おはようございます!!!

このエリアのあんなコトやこんなコトを赤裸々にご伝授いただき、俄然ヤル気が出てきます。反面、昨日網が入ったとの情報もあり、ちょっとblue・・・

さて、気を取り直して釣り再開。ここで早速bluegrassさんが仕留めます!!サスガ!!!
b0173629_1611399.jpg


程なくしてbanzyにもヒット!!これも重いだけの引き!!!
結局無抵抗のまま艇横まで上がってきたスズキ。確認した瞬間・・・久々に足がすくみました。。サイズは…いや、banzyの思い出の中だけに留めておきます(涙)。そうなんです。またやってしまいました(号泣)

するとbanzyの横で雄叫びが…ステ君!70up釣り上げ!!

b:「ぢゃ記念写真おば・・・」
ス:「リリースしちゃいました・・・」

bluegrassさんは用事が有りとの事で早々に終了。お疲れ様でした。。


その後、ステラ君はスズキサイズとワカシを数本釣り上げ。banzyはさらに数回涙を流して終了。そうデス。完敗デス。。


このままでは終われない・・・

疲れた体にムチを打ってオカッパリ残業ダ!!場所は内房某河川。ところが、ココが見事にターンオーバー。。少しチェックを入れてみますが当然反応ナシ。
サーフに移動も考えましたが、こんなリズムに乗れない日は何をやっても無駄です。今度こそ終了デス。。


今回、大物(だったと思うんですが…)を数本ロストしてしまったワケですが、これはズバリ自分自身に原因があったワケなんです。
ようやく迎えたランカーシーズン。春~晩夏にかけて釣っていた中型~小型にくらべ、大型スズキのアゴはとても厚くて硬い。しっかりとしたアワセが必要なんですよね。。

特にbanzyの使っているような短い竿なら尚更。追い合わせのようなオマケを入れるべきでした。
安定性抜群のシットオントップとはいえ、オカッパリやボートに比べれば全然不安定。しっかりとしたフッキングを入れるのは比較的難しい乗り物です。竿の可動域も少ないワケですから・・・

今回使用したルアーはベイブル7cm。アクションはスロー目なストップ&ゴーなので、全て丸呑み状態でした。従ってリーダーも傷だらけ。。ショックリーダーはフロロの4号だったので、下手に追いアワセたら「ブッチ!!」ってコトも十分考えられます。

オカッパリでもこのパターンを良くやるのですが、ショックリーダーも6号をチョイスしています(ちなみにbanzyはショックリーダーを3号~6号の範囲で使い分けています)。

というワケで・・・

次回は6号ショックリーダー、ヒットしたら追いアワセをしっかり!!でリベンジです!!!・・・あっ!ハリも交換しなきゃ(汗)

by banzy1998 | 2009-11-14 16:30 | カヤックフィッシング  

<< Return Match !!... ご無沙汰しております(富津) >>