「ほっ」と。キャンペーン

遅ればせながら・・・・(鋸南町 2連チャン)

遅ればせながら、 明けましておめでとうございます。

田吾作でございます。

今年もバリバリ浮いていきますので、皆様よろしくお願い致しますm(_ _)m

皆さん、正月休みはどうでしたか?

田吾作の初浮きは、banzyと一緒に10名以上のカヤックアングラーの方と鋸南町へ。

翌日も8艇で同じく鋸南町へ2連チャンで浮いてきました。

そんなわけで、今回の日記も2釣行分です。
(初浮きの様子は、前回banzyが書いているので、さらっと流す程度で←十分長いですがw)


<1月2日>
この日はウネリが大きく、出艇場所では波がブレイクしていました。

b0173629_2329829.jpg
(ナイスショット俺!! ← この時は、凌いでました(笑))




そんなわけで、banzyを含む3艇が波打ち際で沈と、カヤックの方は、かな~りエキサイティングな状況。

そして、フィッシング方はというと・・・

b0173629_23412811.jpg


b0173629_23293470.jpg
(一眼レフで撮影した写真は、一味ちがいますね・・・pescadorさん、ありがとうございますm(_ _)m)


何と、昨年と同様に、新年1本目がランカー!!

しかも・・・

b0173629_23295733.jpg


b0173629_23324796.jpg
(TKSさん、ありがとうございます)


もう一本ランカー追加で、これまた昨年と同様、初釣りでランカー2本と、こちらも超エキサイティングな状況でした!!

古くからTeam Banzy!!内には、「仕事を頑張った人には、釣りの神様がご褒美をくれる」という言い伝えがあります(笑)

釣りの神様、ありがとう!!

今年も釣りだけでなく、仕事も頑張りますから、次回はメーターアップをお願いします(爆)

そして、他にも・・・

b0173629_23331128.jpg

b0173629_23332791.jpg

b0173629_23334592.jpg


コンディションの良い良型ばかりで、二桁安打達成。

なんてったって、ランカー2本のオマケ付きです!!

さらに、この日はPescadorさんと、竜島の主さんもランカーをキャッチ。
(主さん、写真なくてゴメンナサイm(_ _)m)

b0173629_23363294.jpg


Pescadorさんに至っては、釣り師の目ジャー精度を狂わす、ブリブリの90アップゲットですm(_ _)m

これを見ちゃうと、暫くの間は全ての魚が、実寸よりもマイナス10cmで見えちゃうんですよね(笑)

そんなわけで、計4本のランカーが飛び出した、これ以上ない初浮きでした。

ちなみに今日のヒットルアーですが、banzyは全てベイブル。

田吾作も2本ほどルドラで釣りましたが、残りは全てベイブルでした。

別エリアで浮いていた、エビテンヤ部隊はイマイチという事だったので、この日に限っては、狙う魚種は違えど、最強の呼び声高い「エビ」を上回る釣果をあげたベイブル。

でも、やっぱりエビにはかないません(笑)


<1月3日>
明けて、翌日。

この日も、pescadorさん、TKSさん、banzyの高校の後輩でもある海人さんと待合せをして鋸南町へ。

ちなみに、海人さんと海人さんのお知り合いのAさんは、本日がカヤックフィッシングデビューです。

b0173629_23383988.jpg


さらに現場で、毎度おなじみ「広く浅く」のbluegrassさん、お初になります(16号線で偶然お会いしましたが・・・)「玉砕工房」の玉砕先生、そして以前に三番瀬でお会いした「さあ、どこ行こう? by ホエア君」のホエアさんと遭遇。

そんなわけで、今日も皆でワイワイ大所帯の8艇で出撃です。

しかし、昨日程ではないものの、今日もウネリがソコソコ。

その影響もあって、本日デビューの二人は、揃って貴重な沈を経験していました。

昨日と合わせると、この2日で計5名が沈。

間違いなく、鋸南町のサーフには魔物が住んでますんで、ウネリのある日は、皆さんご注意を!

で、肝心のフィッシングの方ですが、イワシが昨日と比べてビックリするくらい薄くなってました。

というか、昨日良かったエリアを流すも、田吾作の魚探にはイワシの群れが全く映りません・・(汗)

そして、それに比例するように、鱸からの反応も皆無。

鱸はいるのに、活性が低く喰わないのか、それともイワシと一緒に何処かに行ってしまっているのか判断に迷いつつ、昨日の良いイメージに縛られて、反応がないエリアを流し続ける田吾作。

そんな中・・・

b0173629_2339436.jpg


ようやくキャッチです。

そして、この魚のお陰で、前日のパターンが壊滅している事を確信しました。

だって・・・・

b0173629_23392917.jpg


ご覧の通り、ベイブルをバックリ。

田吾作の経験上、活性の低い時は、こういう喰い方をしません。

だけど、これだけヤル気のある喰い方をしてくるにも関わらず、その後も鱸からの反応が無い状況は変わらず。

つまり、釣れない原因は、魚の活性が低いからではなく、イワシと一緒に鱸も田吾作が流しているエリアから移動して、鱸の個体数自体が薄くなっている可能性が高いと考えられるわけです。

こうなると、このエリアで流し続けていても、キャッチできる可能性が低いと考えた田吾作。

そんなわけで・・・・

b0173629_2339522.jpg


昨日好調だったパターン(ディープ・バイブゲーム)を捨て、海風が強い時のセオリー通りに、ベイトが集まりやすい、風と波が寄せるワンド最奥部のシャロー(シャロー・ミノーゲーム)へ移動です。

そして、それが功を奏して、昨日よりもサイズダウンながら、パタパタとキャッチ。

b0173629_2342879.jpg


b0173629_23422976.jpg


しかも、起死回生とも言える会心の1発!!

b0173629_2341464.jpg

(TKSさん、写真ありがとうございました!)

終わってみれば、プチ爆モード突入で、ランカー含みで6本ゲットとマズマズでした。

今日良かったエリアは、海風が強い時の王道ともいえるポイントだったので、昨日良い感じで深いエリアで釣ってなければ、迷わず最初に入ったエリアでした。

しかし、釣れないにも関わらず、昨日の良かったイメージが頭から中々消えなかった田吾作。

この場所に来るのが遅れてしまいました。

もうちょっと早く見切りを付けられていれば、さらに釣果を伸ばせたと思うと、反省ですorz

そんなわけで、ベイトが昨日に比べて薄い印象が否めなかった今回。

次回、どこで浮くか悩むところです・・・

by banzy1998 | 2010-01-03 16:04 | カヤックフィッシング  

<< 落ちましたかね・・・・(館山 ... 2010 スタートフィッシング... >>