「ほっ」と。キャンペーン

2010 スタートフィッシング!!~banzy カヤックシーバス~

b0173629_187063.jpg


新年明けましておめでとうございます。

昨年は釣りにおいて沢山の出会いがあり、同時に沢山の仲間が出来ました。
私自身、シーバスフィッシング暦はある程度長いのですが、ここまで(オカッパリ)で知り合えた釣り仲間は数名程度。
釣り場所等の兼ね合いで、ある程度情報を隠しておきたいオカッパリフィッシング。banzy的にも、どうしても閉鎖感がありました。

そしてカヤックフィッシングと出合った昨年、多くのカヤッカーとお話をさせていただきました。
皆さんポイントに対して開放的なんですね!!驚きました。。

実際に自分自身沖に出て、そのポイント選択の豊富さ、ポイントに対してだけではなく、すべてが「広い!!」と感じました。

いろいろな意味で開放感いっぱいなカヤックフィッシング。心から楽しく接する事のできる「仲間」が多いという意味でも最高の趣味だと実感致しました。
そんな仲間が今後も増え続ける事を楽しみにしつつ、2010年の釣りがスタートします・・・






<午前7:00 南米 チリ郡 鋸南町 字ラ・セレナ>

世間はお正月ムード一色。おこたに入って御節にカルタ… 何ですかソレ??我々釣り師(banzyだけ?)には無縁の世界です。

そんな「The 釣り人」が本日は約10名!!ヌクヌクな暖かい部屋より、極寒のラ・セレナを選んだ兵が集います。
b0173629_17142972.jpg


準備段階から沖ではトリヤマが!!一同遥か沖のスズキに、あるいは高級魚達に思いを馳せます・・・
(一人だけ洋服の方は地元の漁師さんです。ね、unokenさん…笑)
b0173629_20201756.jpg


そして2010年の釣りがスタート・・・ところが、想像以上にウネリが入っており、出廷はかなり慎重に・・・行ったツモリが、「banzy!!行ぃっきまぁ~すっ!!」のタイミングでビッグウエーブ!!!

一瞬でしたね。。気付けば艇は真横状態。まだ岸にいるモッチさんの方へ一直線!!何とかモッチさんに艇を押さえていただき沈は免れました(大汗)。モッチさん、新年早々スミマセンでした・・・

ちなみに、水色のコブラから黄色のトライデントに乗り換えられたモッチさん。すでにbanzyの中ではモッチさん=黄色トライデントになりました!!


さて、心臓バクバクですが気を取り直して出艇です!!

沖にはイワシに狂った鳥達でいっぱい!!さて、何が回っているんだ???
b0173629_17152683.jpg


本命ではありませんが嬉しい2010年初フィッシュ!!数匹釣り上げて浅場の本命狙いに切り替えます。

4日前に大量のイワシが入っていたエリア。それに付くスズキもそれなりの数だったんですが・・・本日はジミにトウゴロウが入っているだけの状況。。
b0173629_17155579.jpg


それでも何とか数匹釣り上げますが…
b0173629_17162248.jpg

b0173629_17164778.jpg


きっとこんな状況でも爆釣パターンってあるんでしょうね…今後の課題です。

そして時は過ぎ…そろそろ干潮、というタイミングでトラブル発生!!

なんと魚探の電池がエンプティー!!マズい!!
b0173629_17175754.jpg

本日のパターンはやはりイワシの群れに付くスズキパターン。加えて7m~10mの水深が捕食場になっている感じがあり、80パーセント魚探頼りになっていました!!
電池切れは致命的デス!!!

そうだ、unokenさんに電話してみよう!!

b:「unokenさ~ん!スペア電池持ってませんかぁ~?」
u:「無いけど、ちょうど今岸に上がってるから買ってきますよ!!」

店まで歩けばかなりの距離デスが…有難うございます(汗)

b:「そしたらボクも岸に行きます。」
u:「いや、今着岸ヤバいから沖で待ってて!!!」

未だ高いウネリを残す本日の鋸南エリア。沖から見るサーフは先程にも増して白んでいます。。
b0173629_17184484.jpg

とりあえず小用も兼ねて着岸する事に…これが悲劇の始まりになるのでした。。

なるべくウネリの弱いサーフを選び、タイミングを計っていざトライ…ンで、お決まりのビッグなウェーブですよ(笑)

初釣りで経験しなくても良かったんですが、こればっかりはしょうがありません。。「沈」、初体験です。。でもタックルは無事だったんでヨシとしましょう。。
数分後に戻って来たunokenさんが、電池とホットなコーヒーを差し入れ(グッジョブ!! unokenさん!!!)

u:「banzyさん、大丈夫ぅ~!!」
沈したbanzyを心配してくれる優しいunokenさん。もちろん口元は緩み、肩は揺れています。。

散々笑われた後、仕切り直しで沖へ・・・

するとpescadorさんがスーパーなヤツを仕留めていました!!
90cm!!こんなのもいるんだ!!!再びモチベーションは最高潮です!!!


その後もジミに数を伸ばし…
b0173629_1720691.jpg

b0173629_17203051.jpg

b0173629_17205687.jpg

お気付きの方もいらしゃると思いますが…全てハリが口の外にかかっています。

b0173629_17261451.jpg

b0173629_17264014.jpg

b0173629_17271934.jpg

気になるテンヤチームは・・・

メアさんもマダイ等を仕留め・・・
b0173629_20235081.jpg

暗くなる手前までやり切って初釣りを終了デス。。
b0173629_17221515.jpg

終わってみれば2桁安打超え達成!!サイズは70ちょいまででしたが、アベレージは60くらいと良いサイズです!!

芸の無いbanzy、ヒットルアーは全て「ベイブル」。前半は9cm(HS)、後半は7cmでした。

帰りはお決まり「ばんや」で食事会!!美味しい海の幸をいただき終了となりました。。


ちなみに…

(ここからbanzyなりのベイブル使用法です。当てになりませんのでスルーしてクダサイ…)

banzy的には、ベイトの量が濃く、ダンゴになっている時(魚探反応でダンゴが赤く反応している時)は9cmのベイブルを使用しています。

逆に、ベイト反応が薄い時、あるいはベイトがなかなか見つからない時は7cmベイブルです。

これはbanzyの(多分間違った…)考えなんですが…

よく、「マッチ ザ ベイト」、つまり、その時に捕食されている魚にルアーサイズ等を合わせるといったセオリーを聞きますが、バイブレーションプラグ(ベイブルだけ?)に関して言えば、あまり関係なくフレキシブルに使えるように思います。

実際、この日のベイトもトウゴロウエリアもあれば、15cmくらいのセグロエリアもありました。セグロエリアはベイブルの7cmでした。
実は12月29日もこのエリアに入り(田吾作の日記にありますが)、セグロパターンで83cmを「ベイブル 7cm」で仕留めています。
b0173629_17464718.jpg


7cm、9cmの使い訳にも、マッチ ザ ベイトのお話に関しても、実はbanzyなりの考えがあるのですが…多分のお話なので(検討ハズレだと恥ずかしいので…)確信に至ったらお話しようと思います。

それと、ベイブルを使う際のスナップは「2号」をオススメします。不思議とテーリング問題が無くなります!!
デフォルトのスプリットリングは基本外しますが、釣り最中に新品を出すような時は気にせずそのまま使ってます(特にストレスは無いんで…)。

お話したbanzy的ベイブル使用法は全てbanzyが勝手に考えている事なので、これ以外にももっとスゴイ使い方があると思います。

どんなルアーにも、その人なりの絶対的使用法があると思います。アタリが無くても信じて投げ続けられる「自分流の使い方」を持っている。っていうのが大切!?と考えてしまうbanzyなのでした。。

by banzy1998 | 2010-01-02 19:11 | カヤックフィッシング  

<< 遅ればせながら・・・・(鋸南町... 来年もよろしくお願い致します(... >>