カヤックシーバスジギング(盤州)

田吾作でございます。

毎週土曜日に、シマノ社が提供するテレビ東京の釣り番組「釣りロマンを求めて」で放送されていた、カンパチのジギングを見た田吾作。

影響されやすい性格もあって、無性にバーチカルジギングがしたくなっちゃいました(笑)

ところが、この時期にカンパチが狙える南房総は、只今いちご狩りと花摘みのハイシーズンのために、渋滞が予想されるので、風の影響で午後からしか浮けない事を考えると、ちょっと厳しい。

そんなわけで・・・

b0173629_12133467.jpg




今回は、昼過ぎからと実釣時間があまりないのもあり、近場でサクっとバーチカルジギングができる盤州干潟に、鱸を釣りに出撃して参りました。

盤州といえば、広大なシャローエリアが有名。

でもですね、ちょっと沖に出ると、20m前後とバーチカルジギングで鱸釣りを楽しめる水深のエリアもあり、しかも東京湾アクアラインの橋脚という、最高のストラクチャーも存在するわけです。

本来は、シャローで狙うのが一般的な盤州干潟。

ここ最近は、ウェーディングでも好釣果が上がっているという情報も入ってきています。

でもですね、前日の釣り番組の影響で、すっかりジギングモードの田吾作。

とりあえず、本日は沖のディープで、カヤックシーバスジギングに初トライです!

沖にでると・・・

b0173629_12134789.jpg


アクアライン橋脚付近は、ボトムにベイトの反応がバッチリ!!

でも、もう少し深い方が、ジギング的にはやりやすいので、17メートルラインで実釣開始。

青物ほどスピードがあるわけでも無く、産卵後で体力も落ちていると思われるので、ユックリ誘っていると・・・

b0173629_12135991.jpg


b0173629_1214997.jpg


狙ってとった感アリアリの、ナイスフィッシュゲットっす!!

陸ッパリ時代を含め、シャローゲームが主流だった田吾作。
(とはいいつつも、勝山では10メートル未満をシャローと言ってますが・・・・)

実は、バーチカルなジギングで鱸を狙った事はありませんでした。

ところが、やってみると、シャクってる最中に「Gong!!」とジグを引っ手繰られ、その後に真下に突っ込む、いつもと違う感覚がたまりません!

シャローで狙う鱸も最高ですが、バーチカルジギングで狙う鱸も最高ですね。

シーバスジギングにハマりそうです!!

それにしても、トップ有り、ミノー有り、バイブ有り、バーチカルジギング有りと、シャローからディープまで色々なスタイルで楽しめて、かつ何処にでもいる鱸って、「釣り師にとっては最高のゲームフィッシュだな~」と、改めて関心してしまいます。

そして、小さいですが更に追加!

b0173629_1214254.jpg


その後も反応はポツポツと続きましたが、フォール中に喰った魚は、全てキャッチできませんでした・・・

腕が悪いのもあるんですが、やっぱりベイトタックルの方が、シーバスジギングは有利っぽいです。

こうなると、欲張りな田吾作は、やはりウェーディングが好調との話で期待が持てるシャローエリアも気になるわけです。

そんなわけで、今度はシャローエリアへ移動することに。

ところが、シャローは活性が低いのか、ショートバイト連発。

あがってくる魚も・・・

b0173629_12143610.jpg


セイゴさんのみ・・・。

産卵後という事もあり、いつもよりスローに誘っていたのですが、ショートバイトの原因が、スローすぎて見切られていたのか、それともスローのつもりでも、魚にとっては速すぎたのか解らないので、ミノーのジャークをやら、シンペンのスロー引きやらを試したりして、試行錯誤したものの、最後まで魚のスイッチを入れる事ができず・・・。

b0173629_12144950.jpg


夕暮れまでやり切りましたが・・・

b0173629_1215063.jpg


最後もセイゴで終了です orz

終わってみれば、尻すぼみでキャッチ5本のみと、厳しい一日でした。

一緒に浮いていた、修行日誌のTKSさん達も厳しかったようで、ひょっとしてシャロー全般で活性が低かったのかもしれません。
(と、思いたい・・・・)

タラレバですが、シャローがこんなに厳しいんだったら、ジギングをもっとやっていればよかったです(涙)

でも、カヤックシーバスジギングという、田吾作にとって新たな楽しみを発見できたので、釣果は残念でしたが、収穫アリです!

次回は、ベイトのライトジギングタックル持参で、リベンジっす!!

ちなみに、盤州におけるカヤックシーバスジギングですが、沖は一般船舶の往来があるので、細心の注意が必要です。

今回は、オープンエリアにもベイトの反応がありましたが、オープンエリアで釣りをするのは船舶に引かれる可能性もあると判断し、橋脚ベッタリでやっていました。
(ベイトが確実についていたのもあるんですけど・・・)

ところが、橋脚の近辺でやることで、船に引かれる危険性は少なくなるのですが、今度は、船が通ったあとの波が橋脚に跳ね返ってできる「三角波」に襲われる事が度々ありました。

そういう意味では、ドリフターのような「艇のスピードよりも安定性が高い艇」の方が、盤州でのカヤックジギングには向いているかもしれません。

来週は、TLOのイカ大王こと、hayashiさんの送別フィッシング兼、カヤックフィッシングメーリングリストの新年会で、鋸南町に1泊で出撃予定です。

竜島の主さん、マタマタお邪魔しますm(_ _)m

by banzy1998 | 2010-01-17 12:05 | カヤックフィッシング  

<< 続・カヤックシーバスジギング(... 落ちましたかね・・・・(館山 ... >>