「ほっ」と。キャンペーン

続・カヤックシーバスジギング(盤州 2連チャン)

「Team Banzy!!」改め「チーム・ラ・ヨ~ン」の田吾作でございます。

前回、カヤックシーバスジギングに初トライした田吾作。

シーバスジギング船が好調との話を聞いていたので、楽勝かと思ったのですが、想像以上にフォール中に食ってくる魚が多いために、下手っぴな田吾作は、スピニングタックルでバイトを中々とれずに苦戦してしまいました。

そんなわけで、今回もベイトのライトジギングタックルを持参して、前回に引き続き、またまた盤州に出撃です。

b0173629_1821233.jpg




本日は、申し合わせしたわけではないのですが、unokenさんもご一緒ということで、「Team Banzy!!」改め「チーム・ラ・ヨ~ン」改め「チーム・東葛」です(笑)

で、この日はベイトが前回以上に豊富!

b0173629_1853047.jpg


鱸さんもバンバン釣れます。

b0173629_185401.jpg


b0173629_186643.jpg


分かる、分かるぞぉ~~!

ベイトタックルにしたら、フォール中のバイトが完璧に分かります!!

田吾作なんかよりも、シーバスジギングに関してはベテランの方々が大勢いると思うので、「そんなの常識じゃん!」と突っ込まれそうですが、田吾作と同様にシーバスジギング童貞の方のために、ちょこっと書かせてもらいます。

フォール中のアタリは、スピニングにしろベイトにしろ、ラインはフリーになっているので、手元に「Gong!」とアタリが伝わるわけではありません。

そんなわけで、スプールから出て行くラインが止まったり、急に走ることで判断するのですが、ベイトだとそれが分かり易いんです。

当然ラインは、長さごとに色分けしてあるやつがオススメです。

例えば10m毎に赤・青・黄と色分けしてあるラインの場合、ボトムまで落ちると青なのに、赤で止まったら食ったみたいな感じで、非常にフォール中のアタリが分かりやすいです!

それと、ベイトには、メカニカルブレーキでジグが落下するスピードをコントロールできるというメリットもあります。

ジグの重さで落下スピードをコントロールするという手もありますが、潮の速さや、ベイトの大きさで大きめのジグを使いたい時なんかは、ジグが大きくなる分、重さも増して落下スピードが速くなってしまいます。

そんな時でも、メカニカルブレーキを締めることで、落下スピードを遅くしてあげる事ができるわけです。

b0173629_1893131.jpg


あと、カヤックによるシーバスジギングについてですが・・・・

正直、縦ストラクチャーに対するシーバスジギングは、めっちゃカヤックに向いていると思います。

エンジンプレッシャーが無いというてんだけでなく、盤州で良く見かける大型のジギング乗合船と違い、カヤックをストラクチャーにタイトにつけて、簡単にストラクチャーにそってジグを落下させることができます。

ストラクチャーを丸々独占できるわけです。

これは、一人乗りで自由に操れるカヤックならではの利点だと思います。

あっ!

長くなっちゃいましたね・・・

で、続き(笑)

そんなこんなで、絶好調だったこの日。

途中合流したunokenさんも、田吾作からジグを奪い取り、しっかりゲットです!

やったね、unokenさん!!

b0173629_1894327.jpg


あ・・・・・・・間違えました(笑)

b0173629_1811337.jpg


b0173629_18111421.jpg


unokenさんも、バーチカルジギングで鱸を釣るのは初めてのようで、かなり楽しんでいました(笑)

そんなこんなで、20本くらいまでは数えていましたが、途中から面倒くさくなったので、写真もカウントも終了。

50cm前後が中心で60アップは数本とサイズはイマイチでしたが、ライトジギングタックル(鯛ラバ用のロッドですが・・・)は、ティップがかなり柔らかいので、めっちゃ楽しめました。

午後からの釣行だった為に、実釣3時間弱と短めでしたが、ずっと釣れ続いたので「時間あたり10本超」のハイペースで釣れ続く爆釣でした!!

カヤックシーバスジギング、最高っす!!

盤州最高っす!!
b0173629_18114317.jpg
(幻想的でしょう!!)


で、夜はチームリトルオーシャンのイカ大王ことhayashiさんの送別会&カヤックフィッシングメーリングリストの新年会で、竜島の主さんのご実家でもある勝山の小松園へ。

hayashiさんのお陰で、イカの気持ちが少しだけ解るようになった田吾作。

今まで、色々と教えて頂き、感謝・感謝です!!

落ち着いた頃に遊びにいくんで、また色々と教えて下さいm(_ _)m

竜島の主さん。

今回もお騒がせして、すんませんでしたm(_ _)m

そして、FUNさん。

色々と準備等ありがとうございましたm(_ _)m


明けて翌日・・・・

b0173629_18115418.jpg


鋸南町は快晴です。

本来であれば、鋸南町に浮くところですが、前日に盤州で爆だった田吾作。

本日も・・・・ということで、昨日から自称ジガーのunokenさんと、banzyの高校の後輩でもあり、田吾作の昔からの釣り仲間でもある海人さん、田吾作の3人で、盤州です。

ちなみに、海人さんも東葛地区在住なので、本日もチーム東葛です。

続々と増える東葛地区のカヤックアングラー人口。

チーム・東葛メンバー募集中です(笑)

で、釣りの方ですが、前日のお酒もあって少しお寝坊さんだった為に、11時頃にのんびりとスタート。

途中シャローをチェックしながら、昨日好調だった橋脚へ行きますが、な・なんと、昨日あれだけいたベイトが魚探に映らない(汗)

当然、鱸さんからの反応も無し(涙)

アクアライン橋脚という絶対的なストラクチャーがあるので、一度ベイトが付いたら暫くはウハウハだと思ったのですが、甘かったです・・・orz

そんなわけで、橋脚を1本1本丹念に探りながら沖へ・・・

b0173629_1812547.jpg


b0173629_1812203.jpg


昨日より若干アベレージサイズが下がって、40cm前後の魚をポツポツとキャッチしながら進んで行き、気がつくと・・・

b0173629_18141344.jpg


海ほたるでした(笑)

ちなみに、海人さんは、今回がカヤックフィッシング3回目。

b0173629_18142444.jpg


3回目で海ほたるまで行った人は、きっと過去にいないでしょう(笑)

ダイビングやらジェットスキーで、海に慣れ親しんでるのに加え、釣りの方も青森のマグロや南の島のGTといった大物釣りから、石鯛などの磯物、小物釣りと何でもこなすマルチアングラーの海人さん。

マイボートも所有していて、遊漁船での釣りと違い、自分でポイントを見つける目もバッチリ。

田吾作なんかよりも、釣りの引き出しが全然多いです。

海人さん、めっちゃ釣りますよ~~!

b0173629_18143749.jpg


それと、海ほたる周辺ですが・・・

b0173629_18145024.jpg


写真に写っている、海ほたるから2番目の橋脚から先は、釣り禁止になっています。

今後、行こうと思っている方は、周りの船舶に十分注意して、ルールを守ってやるようにして下さい!

海ほたる周辺の釣り禁止に関する詳しい内容については、東京都産業労働局農林水産部のホームページ(http://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.jp/norin/suisan/recreation/sea/rules/index.html)を参照してください。

ちなみに、今回のように釣りをしないで、ツーリングとして浮くのはOKかと思います。
(違ったら教えてくださいm(_ _)m)

ほんでもって、時間がきたので帰りも橋脚を打ちながら戻っていると、途中で玉砕先生に遭遇。

お話を聞くと、朝はベイトがいたとか・・・

しかも、昼にはいなかったベイト反応も、今はバッチリ・・・・

玉砕先生は、ベイトがいなく反応がなかった航路入り口の橋脚で、朝一にバタバタとキャッチし、シャローエリアでも7本もキャッチしたそうです。

シャローも魚いたんですね(笑)

そんなわけで、帰り際シャローをチョッピリだけチェックしましたが、田吾作には釣れず・・・

う~ん、シャローの釣り方、忘れちゃった(笑)

そんなわけで、シャローでは魚をキャッチできませんでしたが、海人さんと二人そろって、仲良くジギングで楽勝二桁安打とキャッチ数だけみれば十分。

unokenさんに至っては、さっさと釣って満足したために、早上がりしてました。

でもですね、釣れ続いた結果の2桁安打ではなく、ポツポツの積み重ね。

昨日が檄釣だったので、気分的には渋い一日でした。
(贅沢ですね・・・)

来週は・・・

う~~ん・・・

お休みしちゃうかもしれません。

by banzy1998 | 2010-01-23 17:11 | カヤックフィッシング  

<< 悪条件ヲ克服セヨ!!~banz... カヤックシーバスジギング(盤州) >>