「ほっ」と。キャンペーン

バーチカル・スプーニング(白浜・盤州 2連チャン)

田吾作でございます。

金曜の晩に天気予報を確認すると、土・日両日とも浮けそうな気配。

しかも、土曜日に至っては、外房も風が穏やかな予報でした。

ネットで、白浜周辺の情報を調べると、10キロ前後のブリやメジが釣れている様子。

普段は土曜日に事情があって浮けない田吾作ですが、こんなチャンスは滅多にありません。

そんなわけで・・・

b0173629_2241578.jpg




行ってきました、白浜へ!

今回は、ジギングタックルに加え、キャスティングタックルとカブラ・インチクタックルの3タックルを用意。

前回はウネリで、何回吐いたか分からないくらい嘔吐して、ボコボコにやられたので、今回は時合よりも体調優先ということで、睡眠をバッチリとって、昼頃からスタートです!

b0173629_22412719.jpg


でもですね、微風といっても白浜。

背丈を超えるウネリが、一方向だけでなく四方八方から襲ってきます(汗)

b0173629_22413822.jpg


そんな中、ベイトの反応がメッチャ濃いエリアで実釣開始。

先ずはカブラからスタートすると、いきなり反応アリです!

しかし、ここ最近スズキ釣りばっかりだった田吾作。

前アタリで無意識にあわせてしまい、サヨウナラ orz
(ていうか、コレ絶対にアワセちゃうでしょ(笑))

次の反応は前アタリのみで終了。

そして3回目・・・

前アタリも無しに、底から5メートル位の所で、いきなり持ってかれたんですが、ドラグ出っぱなしで一度もリールを巻くことなくフッって(号泣)

多分青物ですかね・・・・

ところが、これで俄然ヤル気モードに突入したんですが、ふと気付くと予報では穏やかだった筈なのに、5mくらい吹いてるわけですよ。

内房だったら、何てことない風ですが、周りを見回すと・・・・

b0173629_22415259.jpg


激荒れ(汗)

しかも根のあると思われる所で、波がブレイクしまくってる(大汗)

b0173629_22421085.jpg


これ、カヤックで釣りとかしてる場合じゃないでしょ!!(滝汗)

そんなわけで・・・・

b0173629_22422355.jpg


今回もボコボコにやられてしまいました orz

ちなみに、撤収時には、後ろから度々大波に襲われて、何度もサーフィン状態に・・・・

ラダー無しの艇だったら、間違いなく沈していたと思います。

潮の速さと複雑な地形で発生するウネリの為に、微風の予報でも予報が外れてちょっと吹くと、こんな状況になってしまう白浜。
(恐らく風速5m位でしょう)

正直、カヤックで攻略するのは無理かもしれません・・・・


と、失意のまま休日が終わってしまうのも嫌なんで、翌日は鱸さんに心を癒してもらいに、いつもの盤州へ(笑)

b0173629_2243982.jpg


この日は、偶然すれ違った一人中年漂流記のメアさん、前日に沖で合流するお約束をしていた陽気にカヤックフィッシングのコロニャーさん、コロニャーさんと一緒に来ていた、茨城のKさんの4艇です。

で、ここ最近不調と噂されるシャローですが、開始2投目でいきなりヒット!

b0173629_2243275.jpg

その後、メアさんも!

b0173629_22433943.jpg


「こりゃ、今日はシャローいいんじゃないの?」なんて思って暫く粘ったんですが、その後は続かず、噂通りシャローは死の海でした・・・・

ちなみに、今回使用したスピニングタックルは、相方banzyと共に、昨年から「これでもか!」ってくらい沢山のサンプルロッドで実釣テストを重ねてきた、スミス社から発売予定のカヤックシーバス専用ロッドの最終サンプルです。

ブランクやガイドセッティングといった実釣に関する部分は、前回のサンプルでようやく決定。

今回、ブランクの色やロゴ等の細かい部分のチェックとなるサンプルまでようやく辿り着けたので、そう遠くない時期に発売になると思います。

ボートでも、カヤックでもというわけでなく、カヤックフィッシングに絞って設計・開発・テストを重ねてきたカヤックシーバスフィッシング専用ロッド

詳しくは、発売時期が正式に決まった段階で、お知らせします。

と、PRはこの位にして(笑)



その後は、とある秘策を試すために、お約束のジギングポイントへ!

ちなみに、その秘策とは・・・

b0173629_22435577.jpg


スプーンです。

バーチカルでスプーン。

バーチカル・スプーニングです(笑)

カヤックシーバスジギングについて、色々調べた田吾作。

青物のジギングほどジグを動かすわけではなく(←ただ巻きでもOK!)、基本は青物よりはゆっくり巻いて誘うと、皆さんおっしゃる訳です。

であれば、ジグよりも艶めかしくフォーリングし、ただ巻きでローリングとフラッシングでアピールするスプーンをバーチカルに使ってやれば、効果は絶大ではないかと考えたわけです。

そして狙いどおり・・・

b0173629_22441250.jpg


b0173629_22442372.jpg


バカバカ釣れます(笑)

試しにジグに変えてみましたが、ジグでも釣れるものの、スプーンと比較すると、その差は歴然。

だって、スプーンはですね・・・

b0173629_22443526.jpg


こんな反応の所に落とせば、上まで巻く間に、ほぼ100%食ってきます。
(潮が利いている時間は、上まで巻く間に食ってこなかった事はありませんでした!!)

b0173629_22444877.jpg


b0173629_2245229.jpg


そんなわけで、この日も激釣!

20本位までは数えてましたが、そっから先は怪しいです。

少なくとも40本は獲ったと思います。

恐らく、目の前でやっていたシーバスジギング船があまり釣れていなかったのを見ると、ジグを使っていたらその半分も釣れていなかったかも知れません。

普段はハマらない田吾作の秘策。

今日は、メッチャハマりました!!

ちなみに、今日使ったスプーンは・・・

b0173629_2392057.jpg


ガバット(←名前がいいでしょ!)という、大型トラウトや鮭を釣るためのスプーンです。

重さは24g

深いところでも20mの盤州であれば、十分使える重さです。
(ガバットについては、「http://www.smith.co.jp/product/trout/gabut/index.html」で!)


ただ、弱点が・・・

それは、首都圏近郊では、鮭や大型トラウト釣り場が無いんで、あまり売っていないことです。

でも、鱸はバーチカルで狙うなら、ジグよりもスプーンの方が有利な状況が多いと思います。

釣り方は簡単!

落として巻くだけです。

基本的に、しゃくる事はせず、ただ巻くだけ。

ペースは、1秒間に2回転位が基本で、状況によって早くしたり遅くしたりすれば良いと思います。

ストップ・アンド・ゴーなんかも利くかも知れません。

お子さんや、彼女と二人乗りのカヤックでやるのには、簡単なんでメッチャ向いてる思います。

そんなわけで、バーチカル・スプーニングお勧めです!

皆さんも是非!!

きっと、FUNさんに入荷すると思います(笑)

by banzy1998 | 2010-02-20 22:37 | カヤックフィッシング  

<< ヒルパターン…?~banzyオ... 寒くても・・・~banzyオカ... >>