「ほっ」と。キャンペーン

筋トレ

田吾作でございます。

今週末も、しつこいですが館山湾にアオリ狙いに行ってきました。

本日のメンバーは、先週ご一緒させて頂いたスミスのフィールドスタッフであるゴトウさんに加え、現地でお会いしたヤスさん、そして久々登場の相方banzyの4人。

b0173629_16404735.jpg




この日は、午前中は風が強めで、9時過ぎから弱まりながら昼頃に凪る予報だったので、10時過ぎにのんびりと出艇です。

で、イカの方ですが・・・

b0173629_1641478.jpg


1流し1杯ずつキャッチのペースでマズマズですが、1流し1杯ずつバラシのオマケつき(汗)

b0173629_16412083.jpg


そんなわけで、アタリはあるので活性は低くなさそうだったのですが、予報に反して風がドンドン強まって、海面には白波が立ち始める状況に(汗)

こうなると、喫水の低いカヤックの場合、ステイ中にウネリがラインに当たってティップが弾かれてしまい、アタリが非常にわかりずらい訳です(汗)

で、それを回避しようとティップを上げると、今度はラインが風にもっていかれて、これまた釣りづらい(汗)

しかも、東からの風と潮流が相まって、鬼漕ぎしてもGPS計測で5km/hに届かない状況で、流し直すのがメチャクチャ大変(滝汗)

そんなわけで、とりあえず沖アガリして風待ちすることに。

b0173629_16413115.jpg


ところが、待てども待てども風が収まらず、午後はお喋りタイムで終了です。
(それも楽しいですけどね!)

結局、往復5時間かけたのに3流しのみで、殆が必死に漕いでいた時間という「筋トレな1日」でしたが、浮けただけラッキーと思わないといけませんね!

ちなみに、今回浮いた館山湾ですが・・・

b0173629_16414588.jpg
(43ノット出るらしいです・・・・)


大型船や上記写真にあるような高速船等が、湾の中央あたりを東西に横断しているんですが、田吾作が見る限り「ここから航路ですよ!」と、航路を明示するブイらしきものが見当たりませんでしたので、
(田吾作が見落としている可能性が高いですが・・・)

湾の中央あたりで浮く場合は、お気をつけ下さい。

by banzy1998 | 2011-02-20 16:39 | カヤックフィッシング  

<< アジ最強 PADDLIST for Se... >>