「ほっ」と。キャンペーン

今年はアタリ年!?

田吾作でございます。

今年も、もう8月。

8月と言えば夏!

夏と言えば?

b0173629_2375684.jpg




シイラでしょ~~。

ということで、スミスフィールドスタッフのゴトウさんから、「シイラ入ってるよ~」という情報を手に入れたので、今回も懲りずに南房に出撃してきました。

カヤックを初めて以来、オフショア船に乗る機会も減った上に、メインフィールドが東京湾の田吾作にとっては、シイラは貴重な1メートルオーバーのゲームフィッシュです。

過去、何度かカヤックから良型をかけているものの、艇際まで寄せて上手く誘導すれば大きなランディングネットでサクッとスクってもらえる遊漁船やボートと違い、カヤックの場合は艇際に寄せてからが想像以上に超大変(汗)

当時持ち込んでいたランディングツールが脆弱なだった事も重なって、ネットインまで持って行く事ができませんでした。

でも、今年の田吾作には・・・

b0173629_238945.jpg


大型魚でも楽々キャッチできて、カヤックへの収納も容易な、ステラ工房特製のステラ玉網「柔」があります(笑)

これなら、メーターオーバーでも上手くネットインすればキャッチ可能だろうという事で、シイラが東京湾に入ってくるのを、今か今かと手ぐすね引いてまっておりました!

そんなわけで、気合を入れて朝5時過ぎに家を出発。

ところが、南房で高速を降りる頃に猛烈な雨に見舞われ、テンションが一気にダウン・・・・

帰ろうと思いUターンしましたが、もっちさんからのメールに「明日は天気が微妙な予報」と書いてあったので、気合を入れ直して富津でまたまたUターン。

結局、途中で朝ゴハン食べたりして、いつもどおりの時間に出艇です(汗)

b0173629_239912.jpg
(結局、晴れちゃった・・・・)


ちなみに、昨年まではシイラを狙う際に、カヤックでの取り回しが楽そうなシイラ用のロッド「Offshore Stick KGS-510L」や、パドリストの「dolphin & jack」モデルのサンプルロッドを使い、ラインも太めにして完全なシイラ仕様のタックルで狙っていました。

でも、今回は・・・

b0173629_2392625.jpg


あえてパドリストのシーバス用ミディアムパワーモデル「PSS-611M」の市販モデルに、シマノ社のC3000番サイズのハイギア仕様のリール、PE1.5号、リーダーにナイロン22ポンドと、田吾作がランカーシーバスを狙う際のタックルで狙う事にしました。

既に発売されている「PSS-611M」は、相方のbanzyと一緒に他の魚種に脇目も振らず、ひたすら鱸を釣りまくって大きな鱸を意識したロッドとして満を持してリリースしました。

でも、色んなターゲットを狙えるカヤックフィッシング。

カヤックが動くことによりドラグのような働きをするカヤックフィッシングなら、PSS-611Mでメーターオーバーのシイラを狙えるということ事を自分自身の手で証明したいと、悶々としながらチャンスを伺っていたのです(笑)

そんな思いが通じたのか、最初は中々シイラがいるエリアを見つけることができませんでしたが、潮通しが良いエリアまで漕いで行くと、大きなシイラがバンバン跳ねている場所を発見!

最初は、久々に喫水の低いカヤックから、大きなシイラが魚雷のようにルアーに突進していくバイトシーンや、掛けてからの迫力ある連続ジャンプを目の前で見た事もあり、情けない事にビビってバラシちゃたりしてましたが・・・

b0173629_23103147.jpg
(うれしぃ~~!)

次第に慣れてきて、何とかナイスサイズをキャッチできました!!

ちなみに、今年は東京湾に入ってきているシイラのサイズが良いようで、今回のアベレージサイズはというと・・・

b0173629_23114337.jpg
(黒潮に乗って来てるから、食べても大丈夫ですよね?)

アタックしてくる魚にペンペンは一切無しで、全てこのサイズです(嬉)

とは言いつつも、いくら楽しいからと言っても、真夏のカヤックシイラはファイトも強烈なのに加え、暑さの中でシイラを探すのに漕ぎまわったりと体力の消耗が激しい事もあり、熱中症対策は大事!!

当然、無理は禁物という事で、途中のカブラ休憩は外せません(笑)

という事で、この日はシイラだけでなく、外道の定番や・・・・

b0173629_23122613.jpg
(まぁ、夏のお約束ということで・・・)

嬉しいハタさん。
(これ、アオハタですか??)

b0173629_23141140.jpg
(底物で放射線量が心配だけど、大人なら食べても大丈夫かな・・・・)

そして、シイラと同様に、東京湾の夏の到来を感じさせる青物と・・・

b0173629_23142472.jpg
(青物は食べるのがチョット怖いっす・・・・・)

色々な魚の顔を見ることができ、夏の東京湾を満喫する事ができました。

ちなみに、この写真の青物は50cm近くありましたが、なんと水面まで上がって来た時に、ドン引きするくらい大きなシイラに危うく食われるところでした(滝汗)

シイラから見れば、流しているカヤックは間違いなく格好の漂流物。

恐らく、田吾作の艇に着いていたのでしょう。

次回、南房エリアで田吾作を見かけた際は、田吾作めがけてルアーぶん投げて下さい(笑)

そんな夏満喫の一日でしたが、シイラな一日はこれで終わらず、帰りがけにイワシを追ったグッドサイズのシイラが沢山いるエリアを発見!

あれよあれよと1時間程の間に、良型シイラばかりを4本ネットインに成功です(疲)

b0173629_23202462.jpg


そんなわけで、田吾作的にはマダマダやりたかったですし、シイラたちもヤル気満々でしたが、最後は握力がなくなって危うくファイト中にロッドを離しそうになってしまったので、心地良い疲労感を感じながら撤収です(嬉)

b0173629_23203769.jpg
(久々に超楽しかったぁ~~!!)

と、こんな感じで、終わってみればカヤックから良型のシイラばかりを10本以上かけて、6 ~7本ネットインと、PSS-611Mのポテンシャルを知るには非常に貴重な経験ができたわけですが、恐らく今年はシイラのアタリ年っぽく、マダマダこれからもチャンスがあると思われます。

喫水の低いカヤックから見る、シイラが魚雷のようにルアーにアタックしていく様子や、大きな魚体を見せつけるようにジャンプを繰り返すファイトは、遊漁船で見る以上に迫力満点で圧巻です。

でも、そんな非常に魅力的なターゲットであるシイラですが、1mを超えるようなシイラをカヤックから狙う際は、幾つか気をつけた方が良いと感じた事があるのも事実。

そこで、余計なお世話ですが、最後に何点か田吾作が感じた、「カヤックからシイラを狙う際の注意事項」を記載させて頂きます。

カヤックから(← ここ重要!!)大型のシイラを掛けた事が無い方は、お暇であれば目を通して頂ければ、ちょっとは怪我を防ぐ役に立つかもしれません。



■カヤックからシイラを狙う注意点
①ファイト中に定置網等の漁協の設備に流されないよう注意しましょう。
既に記載しまいたが、艇際まで寄せて上手く誘導すれば大きなランディングネットでサクッとスクってもらえる遊漁船やボートと違い、カヤックの場合は艇際に寄せてからが超大変です。
定置網等から十分に距離をとっているつもりでも、「ファイト中に気がついたら・・・」なんて可能性も十分考えられるので、シイラを狙う場合は定置網等から離れた場所で釣っていても、風や潮流で定置網等から離れていくようなポジションを常に心がけておいた方がいいでしょう。
足こぎの場合は、ロッドを持ったまま漕いで移動するのもいいかもしれませんね!


②あっさりとネットインした場合は要注意!
これは、上の注意点と真逆ですが・・・・
オフショア船のシイラ釣りで、釣りあげられたシイラが船上で猛烈に暴れる光景をよく目にしますが、これはカヤックと比較するとネットインが容易なため、上手く誘導すればシイラの体力が有り余った状態で船上に上げられるケースが多いからだったりするわけです。
カヤックの場合も、シイラを掛けた後、艇の側までは意外とアッサリと寄ってきて、うまくタイミングがあえば、そのままネットインをすることも可能な場合があります。
でも、殆どファイトをしない状態でネットインしたシイラは、体力が有り余っているため、、艇に上げるのは超危険です!!
田吾作の場合、ネットインした際に暴れて危険と感じたら、迷わずシイラが入ったランディングネットを海に放り投げて、リールのベイルを返してラインをフリーにしていました。
こうすると、フックをバーブレスにしてあれば、海中で勝手にシイラが暴れてフックから外れてくれるので、怪我なくリリース(?)できます。
その際、ネットが流出しないよう、ネットと艇はリーシュ等で繋いでおくのを忘れないようにしましょう!


③艇に上げるときはフックを外してから!
上にも書きましたが、体力が有り余っているシイラの暴れっぷりは半端じゃないです。
艇の上にあげるのは危険ですが、せっかく釣った大物。
記念に写真を撮りたいですよね!
田吾作も、今回3本ほど艇の上にあげて写真を撮ってみました。
でも、もしルアーを口に咥えたシイラが、股間の間で暴れたりしたら・・・・
ほら、ちょっと腰が引けたでしょ(笑)
大切な股間を守るためにも(← ここ重要!!)、シイラを艇にあげる際は、ルアーが良い場所にガッチリかかっている場合を除き、ルアーを外してから上げるのが安全です!!


④やっぱりフックはバーブレスが安心!
と、ここまで色々と書きましたが、上記注意点を考慮すると、やっぱりフックはバーブレスが安心です!
中には「バーブレスだとバレやすいのでは??」と思う方もいると思いますが、つねにテンションが掛かっていれば、バーブレスでもフックは意外と外れないもんです。
気をつけるとすればジャンプ中ですが、これもジャンプしたら、ガーッとリールを巻いてジャンプ中も常にテンションをかける事を心がければ大丈夫な場合が多いです。
(カヤックの場合、余りにも魚がデカイと、ビビってリールのハンドルを巻くのを忘れちゃてバレたりしますが・・・・)


と、簡単ですが、田吾作が感じたカヤックからシイラを狙う注意点は以上です。

とりあえず、怪我だけはしないよう、気をつけて下さいm(_ _)m

次回は、南房に1泊2日で釣り三昧の予定。

初日はゴトウさんが借りてくれたアジロボートのエンジン船に乗って、ゴトウさん、YASUさん、コロニャーさん、TLOのpescadorさん、もっちさんと一緒に館山調査。

二日目はカヤックで狙います。

あ~~、週末が待ち遠しいっす(笑)

☆使用タックル
~ シイラ・青物キャスティング用 ~
ロッド--->SMITH社 パドリスト(PSS-611M)
リール-->シマノ社製 C3000番(ハイギア仕様)
ライン--->PE1.5号+ナイロン22lb
ルア―-->SMITH社 サージャー(10cm BSDN)スーパーサージャー(10cm PSDL)
フック--->オーナーばり社製 STBL-56TN #2

~ 鯛ラバ ~
ロッド--->SMITH社 LPJC-RS510SC
リール-->ダイワ製ベイトリール(ハイギア仕様)
ライン--->PE1.0号+ナイロン22ポンド
カブラ---->炎月シリーズ、ビンビン玉

~ ジギング ~
ロッド--->SMITH社 AMJ-S56L
リール-->ダイワ製 3500番(ハイギア仕様)
ライン--->PE2.5号+ナイロン35lb
ジグ----->SMITH社 メジューム(105g フルレーザー)メタルフォーカス(100g フルレーザー)
フック---->オーナーばり社製 SF-41S #3/0

by banzy1998 | 2011-07-30 23:21 | カヤックフィッシング  

<< 午後練 ~banzyカヤックシ... 朝練 5 ~banzyカヤック... >>