「ほっ」と。キャンペーン

午後練 ~banzyカヤックシーバス~

今回は午後から。このポイントでは初挑戦となる午後の部の釣りです。

b0173629_21101861.jpg




風は強めながら、カヤック的には問題は無さそうです。でも肝心な「フィッシング」の部分がキツそう(汗)予報では、これから夜にかけてフェードアウトしていく予定なので、無理せず出艇場所の近辺から様子を伺います。

で、実際に釣りをしてみると・・・

水面下の状況も変わっていました(焦)

「いる」場所に「いない(滝汗)」な状況に、かなり焦りますが「ならば良い場所探し!!」って広範囲を漕ぎまわれる状況でもなく。危ない風ではありませんが、向かい風な状況で遠出はちょっと面倒なワケです(涙)


結局夕方まで魚は捕れず、そろそろ日没のタイミング。



「ここまでなのか!?何も起こらず終わってしまうのか!?!?」



ところがここから状況が好転!風は弱まりほぼ凪状態に!時間的にもそろそろ帰着しなくちゃなタイミングですが、諦めの悪いbanzyは最後に本日入れなかったポイントを目指しパドリング!!


途中、ちょっとした「流れの変化」を見つけて竿を振ってみます。

で、たまたま見つけたこのポイントにドラマが待っていました!!

前回より更にコンディションの良い・・・
b0173629_2182189.jpg

前回より1センチ大きい95センチ釣り上げ!!
(ヒットルアー : ベイブル 7
b0173629_2184079.jpg

この1ぴきを釣り上げ、一気に脱力感が体を襲い沖あがりと相成りました・・・



この日はベイトの行動に大きな変化がありました。普段は長く帯状に反応が出ているのですが、今回は小さな丸い反応。それがたまに出てくるような状況でした。

このエリアは全体的にフラット、目に見えて「良さそう!」といった場所は僕の知る限りではありません。カケアガリ、障害物、チャンネル等も無く、まったく掴み所のないポイントです。

そんな時は、水面である程度判断できる「流れの違い」を目視でチェックしています。
一見すると「ジミ」な違いですが、こんな変化にランカーが付いている事は岸釣りでもよくあります。ただ、今回のように水面がラフな状態では判断出来ません(汗)

ちなみに、今回もヒットルアーは「ベイブル」でした。

実は釣り上げた魚が食べた物を吐き出したのですが、どうやら20センチを超える、アジのような魚を捕食していたようです。

以前にもブログで書いた事ですが、僕が思うに(←ここ重要!by田吾作)バイブレーションプラグに関しては「マッチ・ザ・ベイト」は関係無いんじゃないかなぁ・・・と思います。

オカッパリも含め、過去にもベイトが20センチほどのイシモチ、15センチくらいの細長いイワシ、30センチはあろうかというコノシロ、ボラ等がベイトとされている(であろう)ポイントでも、ベイブルは数多くのランカーサイズを連れてきてくれています。

そんな理由から、どんなポイントでも疑う事なく「ベイブル」を信じて投げています。なかなか釣具屋さんでお目にかかれないのが問題なんですが・・・

そして釣具屋さんで絶対お目にかかれない・・・

b0173629_0103846.jpg


ステラ工房特製のステラ玉網「柔」にも感謝!!ステラ先生、今回も良い仕事してくれたゼ!!



<バイブレーション>
rod : Paddlist pss611M
reel: Daiwa 3000
line: PE1,2 + fluoro7

<シンキングディープダイバー>
rod : Paddlist pss611M
reel: simano C3000
line: PE1 + fluoro7

<ミノーイング>
rod : Paddlist pss67
reel: simano C3000
line: PE0.8 + fluoro5

by banzy1998 | 2011-08-05 03:01 | カヤックフィッシング  

<< 慰安旅行2011 今年はアタリ年!? >>