朝練 7 ~banzyカヤックシーバス~

今回もカヤックスズキの朝練です。

前回の釣行、結果はともかく内容がイマイチ。これは状況変化による一時的なモノなのか、あるいはシーズンも終盤ってコトなのか・・・今シーズンのこの場所に見切りを付けるか否かを計る釣行です。
b0173629_23371037.jpg




本日は長潮、潮位変化が最も少ない潮ですが、台風の影響がまだしっかり残っている状況。天気は快晴。気温もグングンと上がる予報なので、僕が思うところではベストな条件!

「潮」に関しては良くありませんが、それを差し引いても良いコンディションです。あくまで僕的にです!!多分間違ってると思いますが・・・(汗)

今回はunoken先生、ステラ宮本先生にもご一緒いただきました。お二人ともこのフィールドの猛者!たとえシーズン終盤だとしても3人いれば誰かが結論を出してくれるだろう・・・って他力本願な検証。今回も日の出と共にスタートです!!


まず気付いた事。それは前回とは違うぬるま湯のような高水温。でも、これは勝手なイメージで好条件と致します。

日の出の高活性は・・・あれ!?イマイチ!?魚っ気が少ない!これはマイナスポイント(焦)

ここ数回の釣行から考えると、朝イチの状況は確実に悪くなっています。ってことはヤハリ・・・おっと!まだ結論には早いぞ!!パターンが変わったダケかもしれないし・・・

するとステラ先生「ちょっと新場所開拓に行ってきます!」いやアリガタイ!!がんばってね!!イイ場所見つけたら「釣る前に(←ここ大事)」連絡ちょーだいね!!

banzyは引き続き今まで通りのパターンを通します。で、朝イチの結果は・・・
b0173629_2339029.jpg


b0173629_23394264.jpg

(ヒットルアー: ジプシーポップ

b0173629_23401542.jpg

ところでこのルアー、ベイトの濃いエリアでよく使用しています。

使用イメージとしては、まず「ボコボコっ」と大きな音をたてて小魚を散らします。同時にスズキにも気付いてもらい、逃げて行った小魚の大群から1っぴきだけ逃げ遅れた小魚って感じをイメージしてます。
一応ポッパーなんですが、チョンチョンと引くとペンシルベイトのような動きをしてくれるので、その後は静かに、あまり移動させず動かしています。


といった感じで朝イチは結構良い感じ!でも何かが違うような・・・釣果は100点ですが内容ポイントはマイナス!正直次回に同じ結果が出せる自信がありません。なんだか釣れちゃった的にイレギュラー感たっぷりなんです。釣れたポイントもバラバラで絞りきれません。朝イチの結論としては「パターン変わった」ってトコロで、ステラ先生の新ポイント開拓に希望を繋ぎましょう。

とは言え、朝イチに釣れると以降の釣りが楽になります!!というワケで次は大物狙い(のつもり)で深場へ移動!!

ところがココから前回同様渋い時間帯に突入。自信たっぷり!「ここで釣れなきゃウソだろお!?」と思い込んでいたポイントに悉く裏切られ続けます(汗)やはりただの「思い込み」だったのか?それとも・・・信じたくない「終盤」の二文字が頭をよぎり始めます。

それでも諦めずに狙い続け、ジミィ~に反応を取りながら、ようやく深場での1っぴき目が釣れてくれました!!


苦しみながらも大満足の90センチ釣り上げ!

b0173629_23435923.jpg

(unoken先生、写真有難うございます!!)
(ヒットルアー : ベイブル7

大物狙いの時はいつもPaddlist pss611Mを使用していますが、今回の90センチは67Lで釣り上げました。

やはりこのサイズになると、611Mのほうが余裕をもっての取り込みが出来ます。が、今回の67Lもフルベンド状態になりながらも、バット部は余力を充分に残しています。引き味を楽しむのであれば67L、常に主導権はコチラ側となると611Mだと思います。ちなみに僕は後者タイプです。。


・・・・で、また沈黙タイムに突入(汗)後が続きません。。う~ん、判断に迷う。。
やはりそういうコトなのか・・・と諦めかけていたその時、風車の先生が沈黙を破ります!!
b0173629_23555520.jpg

悲鳴をあげるドラグ!!大暴れするスズキ!んが、次の瞬間「うぁぁぁぁ~・・・」と残念な悲鳴。惜しかったね、先生(わら・・涙)

最近すっかり「バラシ癖」が付いてしまったunoken先生。僕が見た感じですが、先生の釣竿はとても柔らい感じに見えます。そこで・・・

b:「先生、魚かかったら追いアワセを入れた方がいいんじゃない??いや、入れるべきですよ!!」
u:「なるほど追い合わせね!次かかったらやってみるよ!!」

で、程なく「次」がきます!!

u:「キッタぁぁぁぁ~!!!」
b:「先生っ!追いアワセだっ!!」
u:「よしわかったぁ!! グイっ!! すぽっ・・・・うぁぁぁぁぁ~」
b:「あ、あれ!?(滝汗)す、すいません・・・」

この時banzyの肩が揺れていたのはunoken先生には絶対内緒です。

しかしながらサスガはunoken先生!!その後しっかりと釣り上げていました!!
b0173629_2356182.jpg

その後少々風が吹き始めたので、お昼過ぎに終了。ステラ宮本先生は用事が出来て早上がりしていました。気になる新場所開拓の結果は・・・こちらと大して変わらずとのコト(涙)

さて、今回の結論ですが、結果は良いものでした。しかしながら、だんだん「1回1っぴき」を釣る状況になりつつあるように思えてきました。

てことはやはり・・・いやいや、諦めの悪いbanzy、もう一回くらいチャレンジしに行っちゃいそうです。

by banzy1998 | 2011-09-17 00:24 | カヤックフィッシング  

<< スキルアップにはいいかも・・・ 都市伝説 >>