釣果は気から

田吾作でございます。

気がつけば12月に突入。

今年も残すところ後わずかですが、この時期になると産卵を控え積極的に餌を追うブリブリに太った鱸が気になるわけです。

そこで、今回はというと・・・

b0173629_16184125.jpg





久々に鱸狙いにランカーポイントとして有名な某所に、pscadorさんと出撃してきました!

今回出艇したエリアに大量のコノシロが入っているという情報を事前に仕入れていた田吾作。

「デッカイの釣るぞぉ~!!」と意気込んでいましたが、漕げども漕げども魚探に映るのは4~5cm程度とメッチャ小さいイワシの反応ばかり。

しかも、釣れてくるのはセイゴのみと、完全に空回りモードです(滝汗)

b0173629_16185270.jpg


入れ替わり立ち替わり現れるランカー便のシーバスボートも不発の様子。

こりゃ、今日はダメかなと思っていたら・・・・

b0173629_1619281.jpg
(カヤックで初めて釣ったぁ~!!)


40オーバーのヒラメが釣れちゃいました(汗)

すると今度は、突然周りで青物のナブラが発生!!

ところが、ミノーを投げてもウンともスンともいいません。

さらに、ジグに変えても反応無し・・・

となると、残るはベイブルのみということで、試しにベイブルを投げて高速ジャークで誘ってみたら・・・

b0173629_1619137.jpg


何と一撃です!

しかも、ミノー投げてもジグ投げても全く反応しなかったくせに、ベイブルの高速ジャークだと入れ食いです。

b0173629_1724486.jpg
(とりあえず、食べる分だけキープっす!)


以前に営業の方から「ベイブルがオフショアのシイラや青物が食い渋った時に相当有効なようで実績が高く、オフショアアングラーに売れている地域がある」という話しを聞いた事がある田吾作。

鱸以外で初めて使いましたが、身を持ってその効果を体験できました。

そんなわけで、その後も青物の活性は落ちることなく、40cm~45cm程度のワカシ~イナダサイズが釣れ続き、あっという間に夕暮れ。

b0173629_1620429.jpg


鱸の神様には見放されてしまいましたが、釣りの神様は田吾作に微笑んでくれたようで、終わってみれば青物爆にヒラメと最高の一日でした!


と、終わりたいところですが・・・・


南房に浮きにきて今日の釣果だったら最高の1日でしたが、今日は鱸釣りに来ていたこともあり、初物のヒラメに加え青物が爆でも微妙な気分。

クーラーボックスは美味しい魚で満たされたのに、何故か心は完全には満たされないなわけです。

じゃあ鱸が釣れれば何時だってハッピーかというと、そんな事もなく、南房に青物やイカを狙いに行って鱸が爆だと微妙な気分になったりするわけです(笑)

小さな魚が一匹しか釣れなかったり、ボーズでも綺麗な景色の中で浮くだけで心が満たされる事もあるのに、大きな魚が釣れたり爆釣でも満たされない事もある。

釣りって不思議なもんですね・・・・


☆使用タックル
ロッド--->SMITH社 パドリスト PSS-611M
リール-->シマノ製 C3000番(ハイギア仕様)
ライン--->PE1.2号+ナイロン22lb
ルア―-->スミス社製 ベイブル(7cm SL カタクチ) OSP社製 ルドラ(サスペンド)
スナップ-->オーナーばり社製 耐力スナップ(1号)

by banzy1998 | 2011-12-09 16:31 | カヤックフィッシング  

<< ちょっと1杯のつもりが・・・(... 多謝 >>