「ほっ」と。キャンペーン

Draw4での実釣動画が撮れました

田吾作でございます。

GWに突入し、アオリの方も産卵シーズン突入の気配ということで、GWの2日目となる4月29日に今回もアオリ狙いで出撃してきました!

b0173629_2324126.jpg




ただし、今回もメインはディープ。

そろそろ浅場でのキャスティングによるエギングの季節ですが、過去に撮ったティップラン動画の反省(レンズ部についた水滴による画質の低下や角度等)から、再度ティップラン動画を撮り直したい事もあり、深場で粘ります。

ところが・・・

b0173629_2325119.jpg


やはり、当初の情報どおりシャローに移動してしまったのか、全くノーな感じ(汗)

何とか執念で1杯獲りますが、連発する事は無くダンマリです。

b0173629_23317.jpg
(執念の1杯です!)


そこで、ここは臨機応変に、「先ずはDraw4を使用したカヤックからのキャスティングスタイルの実釣動画を撮ろう!」という事で、浅場のチェックも兼ねて移動。

すると、やはり産卵モード突入なのか、8m未満のエリアで連発して、無事動画撮影に成功です!

b0173629_2331398.jpg
(意外とアッサリ・・・)


b0173629_2332317.jpg
(釣れちゃいました!!)


こうなると、何が何でも深場でのティップランの動画を撮りたいところですが、狙ったタイミングで上手く釣れません orz

b0173629_2333375.jpg
(風が弱いのでキャスティグティップランです!)


それでも、ネチネチと粘っていると何とか釣れますが・・・

b0173629_2335329.jpg
(やったぜキロアップ!!)


絶対と思われる状況で反応が無いのに加え、稀に出るアタリは活性が相当高いと思われるような明確な出方をするのに、何故か連発せず。

b0173629_23458.jpg


こうなると、決してバッテリー容量が豊富ではないGoProだと、回しっぱなしで撮るわけにも行かず、録画ボタンを押すタイミングがつかめません。

で、ようやく撮れたと思っても・・・

b0173629_2341488.jpg


モンゴウだったり・・・

b0173629_2342451.jpg


赤イカだったり・・・

b0173629_2343485.jpg
(角度以外はサイズも含め完璧だったのに・・・・)


角度がイマイチだったり・・・

b0173629_23161326.jpg
(これ超デカかったのにぃ~~~!!)


バレちゃったりと散々(涙)

この日同行してもらったゑ美も・・・

b0173629_23549.jpg


シャローではキャッチしていましたが、ディープは不発だった様子でした。

終わってみれば、アオリ6杯(ティップラン4杯、キャスティング2杯)に赤イカ1杯、モンゴウ1個と決して貧果では無いものの、ティップランの納得いく動画が撮れませんでした。

b0173629_2351922.jpg


そんなわけで、次回辺りからシャローのキャスティングを堪能したいところでしたが、チャンスを見て再度ティップラン動画撮り決定です・・・・

でも、今回は中々の画質でキャスティングスタイルのエギング動画が撮影できました。

Draw4が持つ4つの引き出しである「フラッシュジャンプ」、「3Dダート」、「ホバリング」、「バンジーフォール」を駆使してキャッチに至っています。

(Draw4の4つの引き出し水中動画はコチラ → http://www.owner.co.jp/new/draw4.html


竿の方も、制限が多いカヤックでも軽快にジャークできるように開発したカヤックフィッシング専用モデルならではの使い勝手の良さがご覧頂けるかと思います。

2分30秒程度の動画ですので、お時間がある方はご覧頂ければと思います。



★キャッチまでの流れは以下のとおりです
キャスト
  ↓
スラッグ量多めの連続ジャーク(3Dダート)
  ↓
左手でラインを持ち引っぱりながらテンションフォール(ホバリング)
  ↓
一度ジャークを入れながら糸ふけをとり、スラッグ量少なめの2連続ジャーク(フラッシュジャンプ)
  ↓
左手でラインを持ち引っぱりながらテンションフォール(ホバリング)
  ↓
スラッグ量多めの連続ジャーク(3Dダート)
  ↓
左手でラインを持ち引っぱりながらテンションフォール(ホバリング)
  ↓
ラインをフリーにしてフリーフォール(バンジーフォール)
  ↓
一度ジャークを入れながら糸ふけをとり、スラッグ量少なめの2連続ジャーク(フラッシュジャンプ)
  ↓
左手でラインを持ち引っぱりながらテンションフォール(ホバリング)
  ↓
ラインをフリーにしてフリーフォール(バンジーフォール)
  ↓
イカがのってくれました!


※1.テンションフォールさせる時に、左手でラインを直接持ち引っ張りながらテンションをかけると(正確には張らず緩めずくらい)、ホバリング中(テンションフォール中)にイカが抱いた時に、アタリがダイレクトにラインを持った手に伝わる事が多いです。

※2.動画のようにロッドを動かさないとエギが動かないわけではないので、参考程度にしてください。


もし時間が取れるようであれば、5月2週目のkayak55のUstreamで解説させて頂きます。


~ 使用タックル ~
☆ティップラン
ロッド--->SMITH社 パドリスト(ティップラン用エギングモデル サンプル)
リール-->ダイワ製2500番(ハイギア仕様)
ライン--->PE0.6号+フロロ2号
エギ---->スクイッドシーカー(30g、23g)
スナップ-->オーナーばり社製 耐力スナップ(00号)

☆キャスティング
ロッド--->SMITH社 パドリスト(キャスティング用エギングモデル サンプル)
リール-->シマノ社製C3000番(ハイギア仕様)
ライン--->PE0.6号+フロロ2号
エギ---->オーナーばり社 Draw4(3.5号 02オレンジ/ゴールド)
スナップ-->オーナーばり社製 耐力スナップ(00号)

by banzy1998 | 2012-05-02 12:24 | カヤックフィッシング  

<< 久々に必殺技発動! チャリティーフィッシング in... >>