ある意味ラッキー!

田吾作でございます。

今回は、そろそろシーズンインの気配があるキャスティングアオリをメインに南房に出撃してきました!

陸っぱりのエギングと違い、カヤックからなら沖に出ればポイントはいくらでもあるので早起きしなくてOKということで、7時に起きてノンビリ出発して、11時過ぎに出艇です!

b0173629_0533896.jpg
(カヤックフィッシングってヌルくて本当に良いです!)




水は超クリアでイカには最高のコンディション!

「今日は良さそう!!」と期待一杯で漕ぎ出しましたが、出艇後にペダルを装着して5回程漕ぐとペダルが急に軽くなり艇が全く前に進みません。

で、ミラージュドライブを見てみると、な・な・なんと!!

b0173629_05349100.jpg


ペダルを漕いだ力をフィンに伝えるチェーンのワイヤーが切れているじゃないですか!?

b0173629_0535957.jpg


ホビーに乗り換えて、まだ9ヶ月。

皆さん、3年程度はもっていると聞いていた事もあり、まだまだ大丈夫だと思っていたので、これは完全に想定外です。

とは言え、前回の外房の時に切れていてもおかしくなかったわけですから、今回のトラブルはどちらかと言えばラッキー!

前回の撤収時のウネリのなか、ドライブを抜いたアドベンチャー13をパドルで漕いで帰る事は、田吾作のスキルでは無理だったとおもいます。

b0173629_0541277.jpg
(外房の時じゃなくて良かった・・・)


そんなわけで、とりあえずパドルで漕いで着岸。

ミラージュドライブは、見るも無残な状態です(滝汗)

b0173629_0542599.jpg
(あらあら・・・・・)


このまま撤収しようかと思いましたが、キャスティングアオリがメインという事で、そんなに沖まで行く必要もないので、出撃してみましたが・・・

b0173629_0543534.jpg
(ドライブを入れる穴を塞いで・・・)


b0173629_0544561.jpg
(スパンカーと前のロッドホルダーを外して出撃です!)


予想に反してアッという間に風が吹いてきて、1時間もせずに撤収です・・・orz

b0173629_05549.jpg
(ペダリングならどって事ない風なんだけどな・・・)


とは言え、田吾作の腕が足りないのもあるものの、1時間も竿ふればゲソくらいは釣れてもいいもんで、他の方は15m前後で釣れてた事を考えると、キャスティングエギングで2桁狙える本格的な春モードは、あとチョットだけ先なのかもしれませんね。

で、壊れたドライブは?と言うと・・・・

b0173629_0551493.jpg


b0173629_0552486.jpg


帰りがけにFUNさんによって、サクッと修理してもらって復活!!

1本切れたということは、もう1本も切れる可能性があるので両方のフィンのチェーンを新品に交換してもらいました!!

b0173629_0553494.jpg
(これで、暫くは大丈夫!!)


FUNさんには、手漕ぎカヤックの様々なパーツ類はもちろん、ホビーのミラージュドライブのチェーンといったホビーカヤックの消耗品に関しても品揃え豊富で、イザという時にはサクッと対応してもらえます。

近くにFUNさんのようなプロショップが無ければ、チェーンを何処からか取り寄せて修理を自分でやるか、もしくは壊れたドライブを宅急便等で送って修理してもらったりしなければいけないでしょうから、ドライブが治るのには時間がかかりますよね。

この手のトラブルは直ぐに対処してもらえる田吾作の環境は、本当に恵まれているなと今回は改めて痛感しました。

で、フッと思ったんですが・・・

何キロも沖でチェーンが切れたら、当然パドルで漕いで戻ってこなきゃいけないわけです。

ましてや、ホビーって手漕ぎよりも風に強かったりするし、漕ぎの負荷が軽いので、誰でも簡単に何キロも沖まで行けちゃうわけです。

それも、手漕ぎではシンドイ状況でもです。

そんな時に、沖でチェーンが切れたら沖から漕いで戻ってくるのって物凄く大変だと思いませんか?

誰か、他のホビー乗りが入れば引っ張って行ってもらえますが、それが単独釣行だったら??

ミラージュドライブのチェーンは消耗品なので、いつか必ず切れます。

そう考えると、誰でも簡単に沖にいけるホビーカヤックですが、ホビーカヤック乗りにとってもパドリングのスキルは必要不可欠なものなんでしょうね・・・・

足と手の両方の動力をもって沖にでれるのは、ホビーカヤックの長所の一つ。

最初の1艇目がホビーの方は、絶対にパドリングの練習しておいた方が良いですよ。

by banzy1998 | 2013-04-21 12:55 | カヤックフィッシング  

<< ミッション・インコンプリート 外房カヤックフィッシングには夢がある >>