新たな武器を手に入れました♪

田吾作でございます。

今回は、秋のハイシーズン真っ盛りの鱸を釣りに出撃してきました。

b0173629_161250100.jpg




時期的にも大分進んできたので、数は湾奥や盤州に比べれば出にくいものの、比較的釣れてくる魚のサイズが良いエリアから出撃しましたが・・・

b0173629_16154048.jpg
(湾奥じゃないんだから・・・)


予想に反し、釣れてくるサイズが小さい・・・

とは言え、小さいとは言いながらも、アベレージは湾奥より一回りサイズが大きく、秋のハイシーズンとうことで良く肥えていて引き味もマズマズなことと・・・

b0173629_1613848.jpg


魚から飽きない程度に反応があるので、結構楽しめました。

b0173629_16131923.jpg


そして、この日はTKSせんせいのお知り合いがカヤックフィッシングデビューだったのですが、お二人とも見事にキャッチしておりました♪

b0173629_16142432.jpg


b0173629_16143552.jpg


b0173629_16144681.jpg


田吾作もそうでしたが、初めてカヤックから釣った魚というのは、サイズは関係無しに、ずっと記憶に残る1本になるもんですよね。

おめでとうさんでした!

ちなみに、大型の魚は出ませんでしたが、この日は大きな収穫が2つありました。

一つは、今回浮いたエリアのベイトの着き場をTKS先生に教えてもらえたこと。

b0173629_17421160.jpg


このエリアは安定してベイトが着いている場所が今ひとつ不明で、田吾作の中で苦手意識があったのですが、TKS先生に教えてもらった場所は地形変化に富んでいて、かなりの数のベイトがおり、鱸からの反応も多く得ることができました。

大型の実績が高いエリアでもあるので、これは田吾作にとっては大きな収穫でした。

b0173629_16155236.jpg


そして2つ目はと言うと、サラナMD110Sという新たな武器を手に入れたことです。

b0173629_16151753.jpg


このルアー、2年程前に発売になっていましたが、昨年・一昨年とイカ竿のテストでイカ釣りばかりしていた為に、使う事ができていませんでした。

今回のエリアは、湾奥や木更津・富津といった水深1m~3m位の浅瀬が永遠と続く干潟ではなく、水深3m~6mくらいが釣りの中心となるエリア。

そして、この日のベイトはイワシ。

ボイルしているような状況であれば、何投げても釣れちゃたりする事が多いですが、落ちつてしまった状況でも「サラナMD110S」は、バイブや他のミノーと比較すると鱸からの反応が突出していて、この日の状況に見事にハマりました。

b0173629_1616913.jpg


サラナMD110Sの売りは、キャッチコピーになっている「異なるレンジ攻略の一手」にあるように、「通常のミノーよりも深いレンジをトレースでき、かつ浮上がり難く、レンジキープ力がある」こと。

アクションは、、切れの良いウォブンロールで魚に強くアピールし、何てたってジャークをした時にヒラを打ちながら横に飛ぶので、リアクションによるバイトを誘発しやすいんだと思います。

b0173629_16162045.jpg


そして、ビックリしたのが飛距離。

写真のように大きめなリップが付いているので「飛ばないのかな?」と思ったら、重心移動のウェイトに高比重のタングステンを使用しているだけあって、綺麗な飛行姿勢でビシっと飛んでいきます。

b0173629_16162962.jpg


いつもバイブを使っているような、ちょっと水深があるエリアでイワシがベイトの場合なんかは、サラマMD110Sの独壇場になりうると思いますので、是非タックルボックスの中に忍ばせておいて見て下さい!

とくに、内房エリアにおけるカヤックシーバスにおいて、富津岬以南のエリアでは物凄い武器になると思います。
(ただ、売っているお店がなかなか無いのが問題ですが・・・・)

ちなみに、この日の最大魚はというと・・・

b0173629_16164257.jpg


田吾作のタックルボックスからサラナMD110Sを強奪していったTKS先生に釣られてしまいましたw

そんなわけで、大型も出なかったですし、11時頃に予報通り強風で強制終了になってしまい9本と二桁に届きませんでしたが、大きな発見が2つもあったので久々に大ヒットとなる釣行だった今回。

新しい発見があると、楽しさ倍増ということで、次回も同エリアに鱸釣り行っちゃうつもりです。


★告知(ビーチクリーンのお知らせ)

12月8日(日)に、恒例となりました南房館山でビーチクリーンを行います。

このビーチクリーンは有志だけで行わず、地元の方達と一緒になって汗をかきます。

海岸に打ち上げられた海藻を埋める穴を掘ったり、芝刈りで刈った芝を運んだりと、比較的重労働な作業もあります。

そんなわけで、12月とは言え意外と汗をかきますので、参加して頂ける場合は着替えや汗を拭くタオル、そして水分なんかを用意しておいて頂ければと思います。

例年ですと9時過ぎには終了となりますので、終わった後は海況が問題なければ青物や真鯛、アオリなんかを狙って南房で浮いて帰るのもアリだと思います。

田吾作も、終了後は浮いて帰るつもりです。

日時、集合場所は以下の通りです。
(以前参加された事のある方は、直接清掃場所に行って頂いてOKです。)

日時:12月8日(日) 7時30分集合

集合場所;大房岬レストハウス駐車場(富浦ロイヤルホテルの手前にある駐車場です)
地図→https://maps.google.co.jp/maps?q=35.037648,139.818567&ie=UTF-8&hl=ja

なお、大まかな参加人数を地元の漁協に伝える必要がある事、ならびに天候不良による中止の御連絡等の関係上、大変お手数ですが参加可能な方がいらっしゃいましたら以下に記載したるFUNさんか私のメールアドレスまで御連絡頂けると幸いです。

FUN:fun@funweb.jp

田吾作:abikocity@hotmail.com


メール頂きましたら、折り返し御連絡させて頂きます。

以上、よろしくお願い致します。


☆使用タックル
ロッド----------->SMITH社 パドリスト PSS-67L
リール-->シマノ製 C3000番(ハイギア仕様)
ライン----------->PE0.8号+ナイロン16lb
ルア―-->スミス社製 サラナMD110S(#05 カタクチシェル)
フック------------>オーナーばり社製 スティンガートリプルフック ST-46
スナップ---------->オーナーばり社製 クイックスナップ(2号)
フィッシュグリップ-->スミスグリップ2700

☆使用ウェア
PFD-------------->リトルプレゼンツ社製 カヤックフィッシングPFDⅠ(ブラック)
パドリングジャケット-->リトルプレゼンツ社製 DSパドリングジャケットⅠ(シルバー)
パドリングパンツ---->リトルプレゼンツ社製 DSパドリングパンツⅠ(ブラック)

by banzy1998 | 2013-11-18 16:17 | カヤックフィッシング  

<< 本当はミノーで釣りたいんだけど... お鍋の季節がやってまいりました♪ >>