シーバスジギング船は子連れフィッシングにオススメです♪

田吾作でございます。

今回も鱸を釣りに土曜日・日曜日と連チャンで行ってきました!

初日の土曜日はというと、こなや丸(長浦港)から子供を2人連れて出撃。

二人とも遊漁船は初めてということで、出船前からテンションマックスですw

b0173629_17595729.jpg




この時期の遊漁船からの鱸釣りは、ジギングがメインらしいんですが、この日は海ほたる界隈の深場は反応がイマイチということで、第2海堡周りの水深20メートル前後でのジギングが5割、富津岬南側の水深6m前後でのキャスティングが5割という感じでした。

とくに、全く想定していなかった富津岬の南側は、鳥山が終始立ちっぱなし!

b0173629_1803726.jpg


ジグがメインになるかと思いきや、二人ともバイブで入れ食い状態に突入です!

b0173629_1804877.jpg


b0173629_1805821.jpg


もちろん、ジギングの方も絶好調!!

b0173629_1811220.jpg
(いっちょ前に、サマになってるじゃない・・・)


b0173629_1823133.jpg


b0173629_1812322.jpg


終わってみれば、小学校一年生が釣り上げるには大変なサイズも混じったりして・・・

b0173629_1815529.jpg


b0173629_182490.jpg
(頑張ってリール巻いてましたwww)


二人共、70アップを頭に20本近く釣ってくれたもんだから、田吾作は釣りどころではなく、タモ入れしたり、ルアーを魚から外したり、写真を撮ったりで完全にお金を払って中乗りしに行った感じになっちゃいましたw

b0173629_182152.jpg


b0173629_1814173.jpg


とは言え、二人とも大いに楽しんでくれたので、結果オーライですね♪

b0173629_18241100.jpg
(沢山釣れました♪)


それにしても遊漁船の鱸釣りって、鱸がいる場所に船長が確実に連れて行ってくれるので、ルアーを投げたり落としたりして巻くだけで大きな鱸が沢山釣れちゃうんですよね。

こなや丸のシーバス船午後便は、13時前位に出船なのでノンビリ家を出られるし、値段も小学生以下は3000円と非常にお得なので、お子様と釣りをしたいと思っている方には超オススメです!

b0173629_1825894.jpg
(はしゃぎすぎて、帰りの船は放心状態でしたw)


で、翌日はというと、前日は中乗りさん状態で全く釣りができなかったので、カヤックでバーチカルの鱸釣りに行ってきちゃいました。

前回と同様に、この日も昼過ぎからスタート。

b0173629_1831167.jpg


前半は、魚探に全く反応が出ず嫌な予感が脳裏をよぎりましたが、漕ぎまわっているとストラクチャーにタイトに付いている反応を発見し、怒涛のラッシュに突入です!

b0173629_183268.jpg


ちなみに、この日は潮が速くてスプーンでは全く釣りにならなかった事もあり、使用したルアーは最初から最後まで60gのTGチビマサのみでした。

b0173629_1833746.jpg


こなや丸の船長が、センターバランスのジグの方が喰いが良いと言っていましたが、TGチビマサは高比重のタングステンコンポジットボディーを採用しているので、同じ重さのセンターバランスのジグよりも、シルエットが小さく沈みが速いため、こういう状況では超有利!

b0173629_1835042.jpg


ジグを飛ばすのではなく、泳がすイメージであまり動かさないように使ってやるのがキモです。

b0173629_184055.jpg


それと、この日は鱸がオープンエリアに全く出て来ないで、終始ストラクチャーにタイトについていました。

b0173629_1841298.jpg


こういう時は、活性が低いことが多く爆釣にならない事が多かったのですが、この日も爆釣を通り越して何十本釣ったか分からない激釣モード♪

b0173629_1842479.jpg
(カヤックは、こういうストラクチャーの釣りは本当にやりやすい!)


結局、最後まで魚が帰してくれなくて、「もう十分釣ったから次の1本釣ったら帰ろう」を20回くらいやってたら、日が沈んでしまいましたwww

b0173629_1844440.jpg
(我ながら、本当にしょーもない釣りバカですわ・・・・)


そんなわけで、2月は雪の影響や南房が荒れ気味の日が多く鱸釣りばかりになってしまいましたが、気がつけばティップランが楽しめる時期もあと2ヶ月くらいしか残っていません(汗)

次回は、南房が浮ける海況であればティップランですかね・・・・

☆使用タックル
~ 遊漁船 キャスティング ~
ロッド----------->SMITH社 パドリスト PSS-611M
リール-->シマノ製 C3000番(ハイギア仕様)、ダイワ製 2500番(ハイギア仕様)
ライン---------->PE0.8号+ナイロン16lb
ルア―--------->スミス社製 ハイパ-ブレ-ド(#01 マイワシ)
フック---------->オーナーばり社製 スティンガートリプルフック ST-46 #6
スナップ-------->オーナーばり社製 クイックスナップ(2号)

~ 遊漁船 ジギング(スピニングタックル) ~
ロッド----------->SMITH社 LPJS-AR60SC(廃版)
リール---------->シマノ製 スピニングリール C3000番(ノーマルギア仕様)
ライン----------->PE0.8号+ ナイロン16lb
ジグ------------->SMITH社 TGチビマサムネCB60 (#10グラデイワシ 60g)
スナップ--------->オーナーばり社製 クイックスナップ(2号)
フック------------>オーナーばり社製 段差フック48 DH-48 1/0~2/0号

~ 遊漁船 ジギング(ベイトタックル) ~
ロッド------------>SMITH社 Offshore Stick SLP-C60ML
リール----------->ダイワ製 ベイトリール 2000番(ハイギア仕様)
ライン----------->PE0.8号+ ナイロン16lb
ジグ------------->SMITH社 TGチビマサムネCB60 (#10グラデイワシ 60g)
スナップ--------->オーナーばり社製 クイックスナップ(2号)
フック------------>オーナーばり社製 段差フック48 DH-48 1/0~2/0号

~ 遊漁船・カヤック兼用 ジギング(ベイトタックル) ~
ロッド------------>SMITH社 LPJC-RS510SC(廃版)
リール----------->ダイワ製 ベイトリール 2000番(ハイギア仕様)
ライン------------>PE0.8号+ ナイロン16lb
ジグ-------------->SMITH社 TGチビマサムネCB60 (#10グラデイワシ 60g)
スナップ---------->オーナーばり社製 クイックスナップ(2号)
フック------------->オーナーばり社製 段差フック48 DH-48 1/0~2/0号

☆使用ウェア
~ 遊漁船 ~
防寒ウェア(アウタ-)->リトルプレゼンツ社製 オールウェザーウォームスーツⅠ
防寒ウェア(インナ-)->リトルプレゼンツ社製 フリースベスト

~ カヤック ~
PFD------------->リトルプレゼンツ社製 カヤックフィッシングPFDⅠ
アウタ---------->リトルプレゼンツ社製 フルドライスーツDS-01
インナー--------->リトルプレゼンツ社製 フリースベスト

by banzy1998 | 2014-02-24 18:05 | カヤックフィッシング  

<< ネタがないので製品紹介でも・・・ レーダーリフレクター装着のご提案 >>