「ほっ」と。キャンペーン

カヤックフィッシング用 フルドライスーツ  「 DS-02 フルドライスーツⅡ 」 のご紹介

田吾作でございます。
1月も終盤になり冬真っ盛りという感じですが、カヤックフィッシングって冬にハイシーズンを迎える魚種や釣法があったりするので、冬でもオフにはならないんですよね(笑)
b0173629_1541593.jpg
(内房だとティップランエギングでアオリイカや・・・)




b0173629_1543355.jpg
(初冬はキャスティング、それ以降はジギングで鱸が沢山釣れます♪)

そんな冬のカヤックフィッシングにおける安全装備の必需品と言えばドライスーツが真っ先に挙げられると思います。
ちなみ、ドライスーツにはフルドライスーツとセミドライスーツという2種類があり、フルドライスーツというのは、首や手首の部分にラテックスを採用することにより、スーツ内に水が全く入らない作りになっています。
それに対し、セミドライスーツは首のラテックスの部分がネオプレーンだったりして、多少水が入ってくる可能性があります。
b0173629_1552943.jpg
(フルドライスーツは、首の部分や・・・)

b0173629_1555970.jpg
(手首の部分がラテックスなので水が入ってきません♪)

冬場に万が一カヤックから落水してしまった場合、ウェーダーやレインウェア等の服装だと冷たい水により体温をあっという間に奪われ低体温症になり、状況によっては命に関わる事態に発展しかねません。
そんなイザという時にドライスーツを着用していれば、スーツの中に水が入る事を防いでくれるので、再乗艇すれば安全に帰る事はもちろん、そのまま釣りを続行する事も可能です。
b0173629_1561133.jpg
(ドライスーツを着用しての真冬の再乗艇訓練の様子です。)

b0173629_1562239.jpg
(フルドライスーツなら、水が全くスーツ内に入ってきませんでした。)

現在、各社から様々なドライスーツが発売されておりますが、今回リトルプレゼンツ社から新たに発売された「DS-02 フルドライスーツⅡ」は、他社のカヤック用のフルドライスーツとは異なり、実釣時の動作やホビーカヤックのような足漕ぎカヤックでの使用も考慮し、カヤックフィッシング用として様々な工夫が施されています。
そこで、今回は「DS-02 フルドライスーツⅡ」ついてご紹介させて頂きます。


★「DS-02 フルドライスーツⅡ」の特徴
特徴①:上半身と下半身で異なる素材を採用する事により動きやすさと耐久性を両立

「DS-02 フルドライスーツⅡ」は、移動時のパドリングならびに実釣時のキャスティングやジャーキング等の動作を考慮し、上半身の生地にはしなやかさを重視した3レイヤーの透湿素材LIPTEX-SP3を採用。
b0173629_1563684.jpg
(上半身はしなやかさ重視の透湿素材を使用)

下半身とソックス生地には、耐久性を重視した3レイヤーの透湿素材LIPTEX-N3_500Dを採用しています。
b0173629_157077.jpg
(下半身は耐久性重視の透湿素材を使用)

この異なる素材を使用する事により、「DS-02 フルドライスーツⅡ」は、カヤックフィッシング用フルドライスーツに求められる動きやすさと耐久性の両立を実現しています。


特徴②:開閉が楽なYKK防水ファスナーAQUASEALを採用
他社のフルドライスーツでは、TZIPファスナーが採用されている事が多いと思います。
実際に田吾作も以前着ていたPalmのフルドライスーツはTZIPファスナーでした。
b0173629_1572956.jpg
(このファスナー堅いんですよね・・・・)

でも、このファスナーって固くて開閉が凄く大変なんですよね・・・・
しかも、田吾作が着ていたドライスーツのTZIPファスナーは背中に付いてたんですけど、一人での着脱が物凄く大変だし、知らない間に勝手にパカっと開いてたりした事がありました(汗)
b0173629_1574533.jpg
(背中にファスナーがあると、着たり脱いだりが大変なんですよね・・・・)

それに対し、「DS-02 フルドライスーツⅡ」が採用しているYKK防水ファスナーAQUASEALは、通常のファスナーと同じような形状をしているせいか、ファスナーの開閉が驚くほど楽チンです♪
b0173629_158255.jpg
(TZIPファスナーとは比較にならないほど快適です!)

また、ファスナー自体がTZIPと比較するとしなやかなので、TZIPを採用している他社のフルドライスーツと比較すると圧倒的に動きやすいのに加え、ファスナーが前面に付いているので一人で着脱するのも楽チンです♪


特徴③:動きやすい立体裁断
移動中は、パドルで漕いだり、足漕ぎ式のホビーカヤックの場合はペダルを漕いだりするカヤックフィッシング。
b0173629_1581782.jpg
(パドルで漕いだり・・・・)

b0173629_1582944.jpg
(ペダルで漕いだりと、かなりの運動量です。)

また、実釣中もルアーフィッシングの場合はキャスティングやジャーキングといった動作を行うため、フルドライスーツ着用時の動きやすさはカヤックフィッシングではとても重要です。
b0173629_1584258.jpg
(動きやすいと釣りをしていて本当に楽なんです!)

「DS-02 フルドライスーツⅡ」は、立体裁断を採用することにより、移動時のパドリングやペダリングならびに、実釣時のキャスティングやジャーキングが非常にしやすい作りになっています。
b0173629_1585870.jpg

b0173629_1591397.jpg

この立体裁断と前述したYKK防水ファスナーAQUASEALのしなやかさにより、「DS-02 フルドライスーツⅡ」は、他社のフルドライスーツと比較して圧倒的に動きやすいフルドライスーツに仕上がっています。


特徴④:あって良かったリリーフファスナー(おしっこチャック)
沖で尿意を催した時に、このリリーフファスナーが有るのと無いのでは天と地の差ですよね(笑)
他社のフルドライスーツにもリリーフファスナーが採用されている物もありますが、「DS-02 フルドライスーツⅡ」は、リリーフファスナーにも前述したYKK防水ファスナーAQUASEALを採用。
b0173629_1593593.jpg
(リリーフファスナーまでYKK防水ファスナーAQUASEALなんです!!)

イザという時に「DS-02 フルドライスーツⅡ」は、リリーフファスナーにTZIPファスナーを採用した他社のフルドライスーツの様に「ファスナーが硬くて開かなくてピンチ!!」なんて事にはなりません(笑)


特徴⑤:雨/風から頭部を守ってくれる取り外し可能なフード
頭部を雨風から守るというイメージが強いフードですが、実は寒い無風・晴天時においても防寒という点で物凄い効果があるんです。
また、前作同様にフード部も立体裁断されているので、フードが前に下がってきて視界を遮る事がありません。
b0173629_1595746.jpg
(フード内の縫目もシーリングバッチリで水が入ってきません♪)

もちろん、前作同様に取り外しが可能になっているので、暖かくて雨が降る心配が無い日はフードを外して着用する事が可能です。
b0173629_15101236.jpg
(フードが必要無い時は、外す事が出来ちゃいます♪)



特徴⑥:独自のカッティングにより、脚部の縫い目どおしの干渉による生地のダメージを解決
「DS-02 フルドライスーツⅡ」は、リトルプレゼンツ独自のカッティング(カーブドセンターシーム)により、脚部内側から縫い目を排除した事により、ホビーのような足漕ぎカヤックのペダリング時に発生する脚部内側の縫い目どおしの干渉による生地のダメージを解決しています。
b0173629_15102585.jpg
(ホビーカヤックにも対応したフルドライスーツなんです!)



特徴⑦:クロロプレーン製のソックスを付属
上述したとおり、ソックス部には耐久性に優れた透湿素材LIPTEX-N3_500Dを採用していますが、透湿素材では足元が寒いという方のために保温に優れたクロロプレーン製のソックスを付属しています。
b0173629_15105318.jpg
(必要に応じてご使用下さい♪)



と、ザックリとですが、以上が「DS-02 フルドライスーツⅡ」のご紹介になります。
詳しくはメーカーのホームページをご参照下さい。

「DS-02 フルドライスーツⅡ」のメーカーページ → http://lpresents.com/ocean/jacket-suit/ds-02/

これからカヤックフィッシングを始める方、またはフルドライスーツの買い替えを検討されている方は、是非候補の一つに加えてみて下さい!!

by banzy1998 | 2015-01-22 15:11 | 製品紹介  

<< シーバスジギングは、今年も例年... 冬は荒れる日が多いので浮ける時... >>