「ほっ」と。キャンペーン

マグロ釣り終了→久しぶりに浮いてきました

田吾作でございます。

夏の間、相模湾でのキハダマグロ釣りに夢中になってしまいカヤックで一度も釣りが出来なかった事もあり、前回の更新から随分と時間が経ってしまいましたが、シルバーウィークに2ヵ月ぶり浮いてきたので久しぶりにブログ更新です。

ちなみに、夏の間ずっと仲間と熱中していた相模湾のキハダマグロ釣りですが・・・

b0173629_1591450.jpg




今年は天候に恵まれたおかげで、予定していた6回の釣行全て海に出ることができましたが、キャッチできたキハダマグロは、初回にnomchuさんがキャッチした1本のみ。

4名で仕立てているので、4名×6回でキャッチ率は24分の1という結果でした。

b0173629_15115087.jpg
(キャッチできたのは初回のnomchuさんの1本だけでした・・・)


ちなみに、船宿の釣果情報を見ると、どこかしらの船が1本・良いときは複数本あげているので、「簡単に釣れそう!」と思う人もいるかもしれませんが、たとえ良い日でも相模湾に出ている船全てがキャッチできているわけでは無いですし、キャッチできている船には仕立ての場合5~6名程度、乗り合いの場合は10名前後の人が乗船しているわけです。

b0173629_151276.jpg
(田吾作は、乗船者全員にチャンスがあるよう4名で仕立ててます)


そうやって考えると、実は相模湾のキハダマグロ釣りって本当に釣れない釣りで、田吾作のような大物釣りの経験が浅い人にとっては、10連敗なんてのはザラw

言い換えれば、これほど釣れない釣りを田吾作は知らないんですけど、それでも大きなマグロのナブラを見たりマグロとのファイトとか体験しちゃうと通っちゃうんですよね。

まぁ、唯一難点があるとすれば、キハダマグロのナブラがあまりにも迫力満点なので、カヤックでワラサのナブラとかに遭遇しても全く萌えなくなっちゃった事かな・・・・

b0173629_15123716.jpg
(人間って慣れちゃうもんなのよね・・・・)


そんなわけで、昨年に引き続き今年もキャッチできずで、ラッキーだったチャレンジ初年度のキャッチから現在までで12連敗中ですが、懲りずに来年の夏も相模湾のキハダマグロ追いかけちゃおうかと思います。

b0173629_15125516.jpg
(また来年頑張ります!!)



で、今回の本題である久しぶりのカヤックフィッシングですが、こちらの方は鯛しゃぶが久しぶりに食べたくなった事もあり、シルバーウィーク中に鯛狙いで南房に浮いてきました♪

b0173629_15131475.jpg
(最高のカヤックフィッシング日和です!)


この日は、ベイトの反応がほとんど映らず魚探は終日真っ黒でしたが、何故か青物は高活性。

b0173629_15154812.jpg
(太くて立派な魚でした♪)


夏の間は、釣れてもマグロタックルでは役不足のシイラばかり(←カヤックからだと最高に楽しいんだけどね♪)だった事もあり、魚の引きをしばらく味わっていなかったので、最初のうちは楽しめましたが・・・

b0173629_1516671.jpg
(久しぶりに竿が曲がる魚釣りましたわwww)


b0173629_15162675.jpg
(最初のうちは楽しかったんですけどね・・・)


ヒットするのが深めの水深だった事に加え、鯛狙いのためリールのハンドルがパワーハンドルじゃなかったので、贅沢な話ですが7~8本目アタリから青物とのやり取りが苦痛になってきちゃいました・・・

b0173629_1654432.jpg
(もう青物はお腹いっぱいです・・・・)


b0173629_1517859.jpg
(もう深い所から青物を上げる事に疲れてグッタリですわ・・・・・)


そんなわけで、この場所にとどまっていても「今日は青物が先にヒットして真鯛が釣れない」と判断してエリアを移動。

b0173629_15181951.jpg
(青物に邪魔されない場所に移動です!!)


それが功をそうしたのか、狙いどおり真鯛が2連チャンでヒットしますが、今度は2連チャンでバラシと全くもってリズムに乗れません・・・
(真鯛を何枚を釣っている方なら分かると思いますが、鯛は引きで「鯛だ!」と分かるのです♪)

このパターンだと、結局鯛が釣れずに終了となるのがいつもの田吾作。

ところが、この日は海の神様が田吾作にもう一度だけチャンスをくれました。

b0173629_15214954.jpg
(あえて言おう、これは「釣れた鯛」ではなく「釣った鯛」だとwww)


青物の猛攻の中、鯛を釣るためにエリアを変えて真鯛2バラシからようやく獲った1枚。

ここのところ遊漁船に乗ってばかりで、魚を船長に見つけてもらっていた田吾作ですが、カヤックフィッシングって魚を自分自身で探すこともあり、釣った感が凄くて最高に面白いっていう事を再認識しました♪

そして、その後はマハタを追加して、クーラーボックスがパンパンになったので終了。

b0173629_1522878.jpg
(ハタ系は美味しいから釣れたら嬉しいですよね♪)


久しぶりのカヤックフィッシングは、2.5kg~7kgの青物2桁安打+真鯛1枚+ハタ1本と南房にしては十分すぎる釣果と久しぶりに自分で魚を見つけて釣った事も相俟って、カヤックフィッシングの楽しさを再発見する釣行になりました♪

b0173629_1522239.jpg
(青物はクーラーに入るサイズだけキープです♪)


b0173629_15253374.jpg
(久々のカヤックフィッシング満喫しました!!)


ちなみに、釣った魚は全てしゃぶしゃぶで食べ比べ!

b0173629_15254851.jpg
(しゃぶしゃぶ大好物です♪)


b0173629_152669.jpg
(今回の本命タイしゃぶ♪)


b0173629_1536250.jpg
(初めて食べるブリしゃぶ♪)


b0173629_15361772.jpg
(ラッキーパンチでつれたハタしゃぶ♪)


今回、ブリは初めてしゃぶしゃぶにしてみましたが、やっぱり田吾作は青物が苦手かなwww

ハタも40cm程度と小さかったこともあり、田吾作的な評価は「タイ>ハタ>ブリ」でした。

それと、今回の釣行は鯛狙いだったので鯛カブラをずっと使い続けていたのですが、今回からオーナーばりさんから今年発売になった「サクラドロップ」という鯛カブラを使用してみました。

b0173629_15363325.jpg
(マグロばかりで、送ってもらってから2ヶ月も眠らせてもーた・・・)


b0173629_16542659.jpg
(今回は60gのみ使用しました。)


b0173629_16544181.jpg
(針先が物凄く鋭くてビックリしますよ!!)


針会社から発売される鯛カブラということで、ウリはやっぱり針だと思いますが、メーカーHPには以下の特徴が記載されておりました。

・強度と耐久性に優れたタフワイヤー素材が可能にした超鋭先テーパー
・マジックフッ素によるスムーズな貫通性
・細く軽いハリを実現したのでネクタイに同調
・マダイの口に吸い込まれやすく掛かりが早い


実際、フックに触れてみると、田吾作が今まで使用していたカブラのフックと針先の鋭さが段違い!

ただでさえ、口の中が固くバラシが多い鯛カブラですから、このフックは物凄い武器になると思います。

「サクラドロップ」の詳細につきましては、メーカーHPでご確認下さい♪

☆使用タックル
ロッド-------->SMITH社 HSJ-C511
リール------->ダイワ製 ベイトリール 2000番(ハイギア仕様)
ライン-------->PE0.8号+ ナイロン16lb
鯛ラバ------->オーナーばり社 サクラドロップ 60g

☆使用ウェア
PFD---------->リトルプレゼンツ社製 カヤックフィッシングPFDⅡ
トップ--------->リトルプレゼンツ社製 ウエットトップ
パンツ-------->リトルプレゼンツ社製 SPオーシャンルースンナップパンツ
キャップ------->リトルプレゼンツ社製 オーシャンキャップ

by banzy1998 | 2015-09-24 18:19 | カヤックフィッシング  

<< 今回も懲りずに鯛釣りに行ってきました 随分とブログ放置しちゃったな・・・・ >>