「ほっ」と。キャンペーン

想定外

田吾作でございます。

今回は、約1年ぶりとなるキャスティングで狙う鱸釣りに行ってきました。

カヤックからだと一年中狙える鱸ですが、あまりやり過ぎると飽きちゃうので、大型が狙って釣れる時期まで敢えて封印してきた田吾作。

久しぶりということで、釣欲満タン&やる気満々で出撃です!

b0173629_17403237.jpg




ところが、やる気とは裏腹に沖に出てアチラコチラ漕ぎ周りますが、事前情報どおり肝心のコノシロの群れが全く見当たりません・・・

b0173629_17404048.jpg
(コノシロの群れが見つからないのよね・・・)


そんなわけで、コノシロ付きの鱸を諦めて、途中で見つけたイワシやヒイラギの反応が多く出ていたエリアに移動しますが、この日はイナダがイワシを追い回していた事もあり、釣れてくるのはイナダばかりで鱸の気配が全く感じられません。

b0173629_1740498.jpg
(お前はお呼びじゃないんだよね・・・・)


そこで、仕方なくイナダを避けるために更に岸寄りの浅いエリアのイワシ付きの魚を狙ってみたところ、鱸ではなく良型のヒラメをネットイン直前で2連続バラシ。

これで火がついてたこともあり、ゴムや手持ちのルアーで最も潜るシンキングミノーを駆使して執拗にヒラメを狙ってみたところ、ココというベイト反応の場所を狙うと、かなりの確立でヒラメからの反応が得られるという想定外の展開に突入ですw

b0173629_17405976.jpg
(完全に想定外の展開ですわwww)


ちなみに、今まで鱸狙いでソゲが混じることはありましたが・・・

b0173629_17411083.jpg
(普段は釣れてもソゲばかりなのよね・・・)


この日は、何故か40cmを超えるヒラメと呼んでよいサイズの魚が中心で、ソゲと呼ばれる40cm以下のヒラメの幼魚は2枚のみ。

b0173629_17455852.jpg
(今日はどうしちゃったんでしょ・・・)


50cmを超える魚も2枚混じるまさかの展開に笑いが止まりませんwww

b0173629_17424266.jpg
(今日は鱸釣ってる場合じゃないわw)


そんなわけで、終わってみればヒラメ5枚にソゲ2枚の計7枚キャッチと、全く想定外の結果で終了です。

b0173629_17425692.jpg
(こんなにヒラメが釣れるとは思ってもみなかったですわ・・・)


それにしても、今まで何度も浮いてきた場所でヒラメが沢山釣れる場所だとは全く思っていなかったので今回の釣果はチョット驚きでしたが、この近辺はヒラメの稚魚の放流が盛んな場所らしいので、狙えば釣れるのは当然の事なのかもしれませんね。

そんなわけで、今日の一番の収穫は通い慣れたフィールドでも、まだまだ開拓の余地があるって事が分かったことかな♪

b0173629_1743780.jpg
(色んな意味で海は広くて大きいなぁ~~)


とは言え、やっぱりこの時期は大型の鱸を狙って釣ることができるシーズンなので、次回は浮気せずに鱸メインで頑張りますw

で、この時期の内房で狙う大型の鱸といえばコノシロパターンが有名ですが、この度スミスからコノシロパターンの鱸を意識した巨大スプーンGrith SPOON OUGA(グリススプーンオーガ)のコノシロカラーが発売になりました。

b0173629_17431932.jpg
(う~ん、大きい・・・)


田吾作がヒイラギパターンで使用しているベイブルと比較すると、まぁ大きいこと・・・・

b0173629_17433346.jpg
(逆にベイブルが小さくて不安になるわw)


とても、同じ魚を狙うルアーとは思えませんw

とは言え、この巨大スプーンは琵琶湖のブラックバスでかなりの実績をあげている事に加え、コノシロのサイズはこのスプーンより大きいことも多いですし、ランカー便と呼ばれる東京湾のボートシーバスでは巨大スプーンは定番となっていることを考えると、この大きさは間違いなく武器になると思います。

ちなみに、スミスに使用方法を確認してみたところ・・・

★フックセット
ヘッド側アシストフック×2:表裏両面シングルフック
テール側アシストフック×1:シングルフック(スプリットリング#4~5を付けてフックの角度を調整。

★使い方
バーチカルのリフトアンドフォール(ヘビースプーンと似たような使い方)が基本で、キャスティングの場合は狙いの層を過ぎるまで落としてからスローリトリーブ、狙いの層まできたら止めてクラッチフリーの状態にするとバックスライドしますのでこの動きで誘うのが基本。

との事ですが、問題は124gというウェイトですよね・・・

シーバスロッドだと124gという重さを考えるとキャスティングでの使うのは難しい。

となるとカヤックからの場合は、鱸では使わないような強いロッドとラインを使うか、「ラインを長く出してのトローリング」または「ドテラ流しでのリフト&フォール」が中心になるんでしょうけど、まずは使ってみないと何とも言えないので、色々と試行錯誤しながらカヤックならではの使い方を模索してみようかと思います♪

それにしても、自分が所有するルアーの中で一番大きいルアーをマグロではなく、鱸で使うことになるとは思わなかったなぁ~~

☆使用タックル
ロッド------------>スミス パドリスト PSS-67L
リール----------->シマノ C3000番(エクストラハイギア仕様)
ライン----------->PE0.8号+ナイロン16lb
ルア―---------->スミス ベイブル70S(#53 Lイワシ) O.S.P RUDRA 130 S
フック------------>オーナーばり スティンガートリプルフック ST-46 #6
ワーム----------->スミス スイムフィッシュ 5inch #01
ジグヘッド-------->オーナーばり JH-67 AX-アックス 1oz
スナップ---------->オーナーばり クイックスナップ(2号)
フィッシュグリップ-->スミス SMITH GRIP 2700

☆使用ウェア
PFD--------->リトルプレゼンツ社製 カヤックフィッシングPFDⅡ
トップ-------->リトルプレゼンツ社製 DSパドリングジャケットⅠ
ボトム-------->リトルプレゼンツ社製 DSパドリングパンツⅡ
キャップ------>リトルオーシャン オーシャンキャップ

by banzy1998 | 2015-11-03 11:25 | カヤックフィッシング  

<< 4年ぶりに聖地で浮いてきました♪ 今年もおあずけ・・・ >>