「ほっ」と。キャンペーン

4年ぶりに聖地で浮いてきました♪

田吾作でございます。

今回は、久しぶりに富津岬に鱸釣りに行ってきました。

b0173629_0104147.jpg




田吾作がカヤックフィッシングを始めた頃は「聖地」と呼ばれていた富津岬。
(20年以上前は鱸釣りが盛んだったことから、鱸釣りの聖地とも呼ばれていた事もありましたね・・・)

田吾作自身も大好きな場所でしたが、エギングロッドの開発で鱸釣りから離れていたり、大型が釣り易いちょっと南のポイントに通ったりで気がつけば4年も富津岬で浮いていませんでした。

b0173629_011084.jpg
(ちょっとノスタルジーな感じ♪)


で、久しぶりの富津岬ですが、鱸釣りのハイシーズンであるにも関わらず貸しきり状態で、かつて「聖地」と呼ばれていた頃の面影は全く無しと寂しい感じですが、魚の方は昔のように沢山入っていました。

b0173629_0111818.jpg
(やっぱりハイシーズンの富津岬は良く釣れます♪)


特に、この日は田吾作の記憶では過去にあまり経験のないベイトであるサヨリが沢山入っていた事もあり、終日ミノーで鱸からの反応を得る事ができました。

b0173629_0113034.jpg
(今日はミノーの日だね♪)


それにしても、やっぱりカヤックからキャスティングで狙う鱸釣りって超面白い!!

b0173629_0114080.jpg
(ビュンと投げてグルグルと巻いてゴンッって最高だねw)


同じサイズの青物と比較するとパワーは圧倒的に弱い魚ですが、ちゃんと鱸のパワーに合わせたロッドを使うと本当に良く引く魚だと感じることが出来ますし、何よりもタックルが軽いこともあり、田吾作のような体力に自身の無い一般的な成人男性にとっては、カヤックフィッシングに良くマッチしたターゲットだと思います。

b0173629_0114980.jpg
(結局、やりとりの楽しさの秘訣は魚とロッドのパワーバランスなのよね♪)


特に、ミーノーをジャークやトゥイッチでバンバン動かして釣るのは最高に面白いですよね♪

b0173629_0115931.jpg
(バイブの釣りもいいけど、やっぱりミノーは楽しいです♪)


それと、自分で携わっておいて何ですが、今回使用したカヤックからの鱸釣りに特化したロッド「PADDLIST PSS-67L」は、物凄く使いやすくて楽しいロッドだということを改めて再認識しました!!

カヤックからミノーを動かすことを意識して作ったので、トゥイッチやジャークが物凄くやり易いのはもちろん、ロッドのパワーが絶妙で魚をかけた後のやり取りが楽しい事もあり、「このロッドで鱸を釣りたい!」と思わせる本当に良いロッドだと思います。

b0173629_012859.jpg
(久々にPSS-67Lで鱸釣ったけど、物凄く良いロッドですわ♪)


そんなわけで、楽しくて夢中になってやっていた事もあり、25本くらいまでは数えてましたが、途中からカウントが怪しくなってきたので最終的に何本釣ったのか分かりませんが、40本超はキャッチできたかな。

b0173629_0121853.jpg
(今日は沢山釣ったなぁ~)


しかも、サイズも60cm前後が中心で50cm前後の魚が殆ど混じらなかったこともあり、良く引く魚ばかりで久しぶりに腕がパンパン。

翌日は、手首や肩が悲鳴をあげておりましたw

b0173629_0404886.jpg
(田吾作も40半ばを迎え、体の色々な部分の衰えを痛感しますわ・・・)


そんなわけで、久しぶりの「聖地」での釣りは、カヤックシーバスの楽しさを再認識させられる釣行になました。

b0173629_0124193.jpg
(やっぱり、カヤックからの鱸釣りは楽しいですね!!)


ちなみに、この日は最初から最後までスミスから発売されている「サラナMD110S」というシンキングミノーを使用しました。

b0173629_0125961.jpg


このミノーは、リップの長さから想像できない程の飛距離が出る事に加え、タダ巻きでしっかり泳ぐ事はもちろん、ハードジャークをしてもルアーが水面から飛び出さず適度にバランスを崩してアピールしてくれるので、物凄くカヤック向きなルアーだと思います。

富津以北のエリアでは、物凄い武器になるのは間違い無いので、カヤックから鱸釣りをされる方は、是非試しに使ってみてください。

間違いなく、ファーストチョイスのルアーになると思いますよ♪

★告知(ビーチクリーンのお知らせ)

12月6日(日)に、恒例となりました南房館山でビーチクリーンを行います。

このビーチクリーンは有志だけで行わず、地元の方達と一緒になって汗をかきます。

海岸に打ち上げられた海藻を埋める穴を掘ったり、芝刈りで刈った芝を運んだりと、比較的重労働な作業もあります。

そんなわけで、12月とは言え意外と汗をかきますので、参加して頂ける場合は着替えや汗を拭くタオル、そして水分なんかを用意しておいて頂ければと思います。

例年ですと9時過ぎには終了となりますので、終わった後は海況が問題なければ青物や真鯛、アオリなんかを狙って南房で浮いて帰るのもアリだと思います。

田吾作も、終了後は浮いて帰るつもりです。

日時、集合場所は以下の通りです。

日時:11月29日(日) 7時50分集合
集合場所;多田良西
地図→https://www.google.co.jp/maps/place/35%C2%B001'59.6%22N+139%C2%B049'38.6%22E/@35.033229,139.827395,17z/data=!3m1!4b1!4m2!3m1!1s0x0:0x0

なお、大まかな参加人数を地元の漁協に伝える必要がある事、ならびに天候不良による中止の御連絡等の関係上、大変お手数ですが参加可能な方がいらっしゃいましたら以下に記載したるFUNさんか私のメールアドレスまで御連絡頂けると幸いです。

FUN:fun@funweb.jp

田吾作:abikocity@hotmail.com


メール頂きましたら、折り返し御連絡させて頂きます。

以上、よろしくお願い致します。


☆使用タックル
ロッド------------>スミス パドリスト PSS-67L
リール----------->シマノ C3000番(エクストラハイギア仕様)
ライン----------->PE0.8号+ナイロン16lb
ルア―---------->スミス サラナMD110S(#05 カタクチシェル)
フック------------>オーナーばり スティンガートリプルフック ST-46 #6
スナップ---------->オーナーばり クイックスナップ(2号)
フィッシュグリップ-->スミス SMITH GRIP 2700

☆使用ウェア
PFD--------->リトルプレゼンツ社製 カヤックフィッシングPFDⅡ
トップ-------->リトルプレゼンツ社製 DSパドリングジャケットⅠ
ボトム-------->リトルプレゼンツ社製 DSパドリングパンツⅡ

by banzy1998 | 2015-11-11 18:02 | カヤックフィッシング  

<< これはパターンと言っても良いでしょ。 想定外 >>