1年ぶりに湾奥で浮いてきました

田吾作でございます。

今回は、木更津で1年ぶりにバーチカルで狙う鱸釣りをしに浮いてきました。

このポイントの鱸は、潮がガンガン流れていないと爆発しない事もあり、13時の潮止まりを考慮して昼過ぎに現着。

b0173629_21434892.jpg
(9時過ぎまでタップリ寝ちゃったwww)




久しぶりの湾奥でしたが、南房と比べると水温が低いので体が冷えますね・・・・

b0173629_2144492.jpg
(冬の湾奥は寒いですわ・・・・)



で、実釣の方はと言うと、潮が効き始める15時過ぎくらいから鱸の活性が上がると予想していたとおり、前半はスプーンでポツポツ釣れる展開でしたが・・・

b0173629_2144171.jpg
(スプーンなら鱸の食い気が低い時でも何とか拾ってくれるのよね♪)


b0173629_21442785.jpg
(早く爆釣モードにならないかな・・・・)


潮が効き始めると、ボトムに固まっていた魚探反応が上ずり初め、予定よりチョットだけ爆発が遅れたものの、15時30分頃から予想していたとおりジグでガンガン釣れるようになりました。

b0173629_21443911.jpg
(こんな感じで上ずってくると爆釣になる事が多いです。)


b0173629_21444939.jpg
(鱸の活性が高い時は、フォールの速いジグの方が効率良いよね♪)


ただ、爆発し始めた時間が遅かったこともあり、日の入りまで残された時間が1時間半程度しかなかったので、終わってみればキャッチは25本位と、この時期の鱸のジギングにしては釣果が今ひとつだったかな・・・

b0173629_2145157.jpg
(最初は60gのジグをメインで使っていましたが・・・)


b0173629_21451019.jpg
(最後は、潮の流れが速くて80gのジグがメインでした。)


とは言え、ラスト一時間半の釣れっぷりが猛烈だったこともあり、「終わりよければ全て良し」ということで気分的にはかなりの満足感でした♪

b0173629_21451992.jpg
(後半の爆発に救われました♪)


このブログをご覧頂いている方は、毎年この時期の鱸のジギングの記事をアップしているのでご存知かと思いますが、3月に入るとパタッと群れが移動していなくなってしまうので、ここで鱸のジギングを楽しめる時間もあと僅か。

ティップランエギングも気になりますが、もう1回くらい来てもいいかなぁ~~。

それと、昨年の同時期に掲載した記事にアップした動画ですが、ここでの縦の釣りについて纏めていますので、まだ動画を見ていなくて興味のある方はご覧いただければと思います。





☆使用タックル
ロッド-------->SMITH社 HSJ-C62L
リール------->ダイワ製 ベイトリール 2000番(ハイギア仕様)
ライン-------->PE0.8号+ ナイロン16lb
ジグ--------->SMITH社 TGチビマサムネCB60 (#07 レーザーピンク 60g)TGチビマサムネ (#02 スケールイワシ 80g)
スプーン----->SMITH社 ベイティスⅡシェル (#02 S 22g)
スナップ------>オーナーばり社製 クイックスナップ(2号)
フック--------->オーナーばり社製 段差フック48 DH-48 1/0~2/0号

☆使用ウェア
PFD---------->リトルプレゼンツ社製 カヤックフィッシングPFDⅡ
トップ--------->リトルプレゼンツ社製 DSパドリングジャケットⅠ
ボトム-------->リトルプレゼンツ社製 DSパドリングパンツⅡ
キャップ------>リトルプレゼンツ社製 オーシャンワッチキャップ

by banzy1998 | 2016-02-15 21:47 | カヤックフィッシング  

<< 一ヶ月ぶりにアオリイカ狙いで浮... 今回は判断を誤っちゃったかな・・・・ >>