「ほっ」と。キャンペーン

予想外の展開で本命はダメでしたが楽しめました

田吾作でございます。

今回も、シーズン終盤を迎えるアオリイカ狙いで南房に浮いてきました

朝のうちは風が強そうな予報だった事もあり、ノンビリ9時過ぎからスタート。

b0173629_2305555.jpg




ところが、海況が穏やかだったのは最初だけで、あっという間に東の強風が吹き始めて終日風に翻弄される一日になってしまいました。

そして、本命のアオリイカはと言うと、海藻類が比較的多い場所を探すのに苦労しましたが、良さそうなエリアを見つけてからはポツポツと反応があり、1杯目から1.4キロの春イカと呼べるサイズをキャッチ。

b0173629_2311263.jpg
(1杯目から良型をキャッチです!)


その後も、1.1キロ&900gをキャッチと良型が続くマズマズな滑り出し。

b0173629_2312250.jpg
(2杯目もキロアップ!)


b0173629_231329.jpg
(これぞ春イカシーズンって感じです♪)


さらに、真鯛狙いで沖に向かったものの海況が悪く戻ってきたpescadorさんも、フラっとやってきて1.8kgと1.5kgの春イカをサクッとキャッチと、まさに春イカシーズン真っ盛りな展開に突入です。

b0173629_2314449.jpg
(1.5kgの良型に加えて・・・・)


b0173629_2315625.jpg
(1.8kgの大型をサクッと釣ってました♪)


ところが、昼過ぎから青物や鱸の活性が上がると状況は一変。

田吾作が撤収するまでの間(片付け中も含めw)アオリイカのポイントとなる水深10m以浅のポイントのいたるところでボイルや鳥山が発生し、青物や鱸、そして上空からバンバン海面に突っ込む海鳥に怯えてしまったせいか、午後からはアオリイカからの反応は皆無。

しかも、ジャーク中のラインに鳥が絡んで釣りにならないという、過去のエギングで経験した事のない状況に突入してしまいましたw

b0173629_232763.jpg
(これじゃ、アオリイカも怖くて海藻の中から出てきませんわ・・・)


そんなわけで、アオリイカは諦めて魚釣りに強制変更w

とは言え、ボイルしているところに投げると、かなりの確率で魚からの反応があるので、これはこれで楽しむ事ができました♪

b0173629_2321737.jpg
(イワシをシコタマ食べて良く肥えてますわw)


b0173629_2323051.jpg
(pescadorさん、お写真ありがとーございます♪)


ちなみに、例年だとこの時期に浅場でイワシに付いている魚は鱸が大半だったので、今回はミノー用のロッドとしてパドリストのシーバスライトモデル「PSS-67L」を持ち込んだのですが、青物相手ということで流石にパワー不足な事もあり、上げるのに多少時間は掛かるもののストレスが溜まる程ではなく、釣っていて物凄く楽しむことが出来ました♪

田吾作が言うのも何ですが、本当に良く粘る素晴らしいロッドですねw

b0173629_2324748.jpg
(3kg~4kg位の青物だったら、パワー不足とは言え安心して楽しむ余裕がありますわ♪)


それと、館山湾の南側の鱸はマル鱸が殆どですが、今回浮いた北側は平鱸が結構混じる事もあり、釣れてくるサイズはフッコサイズばかりでしたが、久しぶりに平鱸の顔を拝む事が出来ました。

b0173629_233182.jpg
(フッコサイズでしたが久しぶりに顔を見ることができましたw)


b0173629_233139.jpg
(水中で見た時は体高があったのでショゴかと思いましたわw)


そんなわけで、狙えば幾らでも釣れそうな感じでしたが、風がさらに強まってきたので撤収。

アオリイカは3杯しか釣れませんでしたが、春イカと呼べる良型ばかりだった事に加え、久しぶり青物の引きを楽しめたり平鱸の顔を見れたので十分楽しめました。

b0173629_235138.jpg
(本命のアオリイカは沢山釣れませんでしたが、十分楽しめました♪)


さて、春イカシーズンもいよいよラストスパート。

本来であれば来週あたりが数・型共に狙える春イカベストシーズンのラスト釣行になるところですが、今回同様に青物や鱸の活性が高いと苦戦しそうなので、状況次第で久しぶりに真鯛でも狙ってみよかと思います。

それと、今回は風が吹いた事もあり少し時期早々な感じでしたが、ドライスーツやセミドライではなく、リトルプレゼンツから発売されている「ラッシュガード+速乾パンツ+クールネックゲーター」の組み合わせからなるウェットスタイルで浮いてみました。

そこで、今回は一足先に今年発売になったリトルプレゼンツの夏向けの新製品であるラッシュガードとくルールネックゲーターを簡単にご紹介をさせていただきます。

b0173629_2343945.jpg


先ずは、写真で着用しているラッシュガードですが、高ストレッチ&速乾&UVカットでありながら定価2,900円と非常にお求めやすい値段になっています。

メーカーHP:T-08 ウエットトップ

また、首に巻いている製品はクールネックゲーターと呼ばれる製品で、有害な紫外線から首から上を守ってくれる優れもの。

お値段の方も、これまた定価2,000円と大変お求め安くなっています。

とくに、夏は首回りの日焼け対策は忘れがちですので、あると家でお風呂に入った時のあの嫌な痛みから解放されるかと思いますのでオススメです♪

メーカーHP:AC-90 クールネックゲーター

なお、これから主流となる初夏から秋にかけてのカヤックフィッシングにおけるウェアリングについては、改めて別途ご紹介をさせていただきます。

★告知(ビーチクリーンのお知らせ)
5月22日(日)に、恒例となりました南房館山でビーチクリーンを行います。

このビーチクリーンは地元の方達と一緒になって汗をかくこともあり、地元の方と交流を図る良い機会になるかと思います。

なお、今回より南房総市との合同開催という形式になるそうです。

また、海岸に打ち上げられた海藻を埋める穴を掘ったり、芝刈りで刈った芝を運んだりと比較的重労働な作業もありますので、参加していただける方は着替えや汗を拭くタオル、そして水分なんかを用意しておいて頂ければと思います。

ちなみに、9時過ぎには終了となりますので、終わった後は海況が問題なければ真鯛やアオリイカなんかを狙って南房で浮いて帰るのもアリだと思います。

田吾作も、終了後は浮いて帰るつもりです。

日時、集合場所は以下の通りです。

日時:5月22日(日) 7時50分集合
集合場所:多田良西
地図(https://www.google.co.jp/maps/place/35%C2%B001'59.6%22N+139%C2%B049'38.6%22E/@35.033229,139.827395,17z/data=!3m1!4b1!4m2!3m1!1s0x0:0x0)

なお、大まかな参加人数を地元の漁協に伝える必要がある事、ならびに天候不良による中止の御連絡等の関係上、大変お手数ですが参加可能な方がいらっしゃいましたら以下に記載した私のメールアドレスまで御連絡頂けると幸いです。
(中止の場合は、前日の夜までに本ブログで中止の案内をいたします。)

田吾作:abikocity@hotmail.com

メール頂きましたら、折り返し御連絡させて頂きます。

以上、よろしくお願い致します。


~ 使用タックル ~
☆アオリイカ
ロッド---------->SMITH パドリスト キャスティング用エギングモデル PSQ-CT73M 
リール---------->シマノ C3000番(ハイギア仕様)
ライン--->PE0.6号+フロロ2号
エギ------------>オーナーばり Draw4(3.5号)
スナップ--------->オーナーばり社製 耐力スナップ(00号)

☆シーバス
ロッド------------>スミス パドリスト PSS-67L
リール----------->シマノ C3000番(エクストラハイギア仕様)
ライン----------->PE0.8号+ナイロン20lb
ルア―---------->スミス サラナMD110S(#02 イワシ)
フック----------->オーナーばり スティンガートリプルフック ST-46 #6
スナップ--------->オーナーばり クイックスナップ(2号)
フィッシュグリップ->スミス SMITH GRIP 2700

~ 使用ウェア ~
PFD------------>リトルオーシャン カヤックフィッシングPFDⅡ
トップ----------->リトルプレゼンツ T-08 ウエットトップ
パンツ---------->リトルプレゼンツ P-17 SP リバーパンツ
キャップ-------->リトルオーシャン OC-03 オーシャンキャップ

by banzy1998 | 2016-05-16 23:05 | カヤックフィッシング  

<< ビーチクリーンへのご協力ありが... 春イカ2016始まるかと思った... >>